ドル円・トルコリラ円取引におすすめなFX業者比較

FX

記事関連ワード

おすすめ FX業者 比較 スワップ スプレッド ドル トルコリラ

はじめに

私のメイン取引通貨はドル/円(USD/JPY)であり、今後トルコリラ/円(TRY/JPY)の取引も増やしていこうと考えています。

そのため、『ドル/円とトルコリラ/円の通貨ペアの取引を行う方におすすめ』なFX業者さんをご紹介したいと思います。

一覧

【2018.04.07 更新】
FX会社 USD/JPY TRY/JPY 取引単位
スプレッド 買SW 売SW スプレッド 買SW 売SW
ヒロセ通商 0.3銭 10円 -110円 1.9銭 82円 -167円 1,000通貨
GMOクリック証券 0.3銭 58円 -61円 2.9銭 80円 -90円 10,000通貨
SBI FXトレード 0.27銭 58円 -59円 4.8銭 82円 -88円 1通貨
DMM FX 0.3銭 34円 -34円 - - - 10,000通貨
マネーパートナーズ 0.3銭 17円 -77円 1.9銭 85円 -116円 10,000通貨
外為どっとコム 0.3銭 41円 -66円 2.9銭 86円 -106円 1,000通貨
外為ジャパン 0.3銭 34円 -34円 - - - 1,000通貨
みんなのFX 0.3銭 30円 -55円 1.9銭 100円 -150円 1,000通貨
ライブスター証券 0.9銭 51円 -64円 - - - 10,000通貨
JFX 0.3銭 10円 -110円 - - - 1,000通貨
OANDA Japan 0.3銭 31円 -63円 1.9銭 57円 -87円 1通貨
外為ファイネスト 0.3銭~ 38円 -67円 - - - 1,000通貨
FXプライム 0.6銭 33円 -48円 4.8銭 82円 -97円 1,000通貨 ※1
セントラル短資FX 1銭 43円 -53円 2.5~6.0銭 78円 -90円 1,000通貨
サクソバンク証券 ※2 47円 -90円 ※2 81円 -105円 1,000通貨

※1 1万通貨未満の取引は1通貨当たり3銭の手数料有り
※2 変動制

【注意】定期的に更新するよう心掛けておりますが、日々変動する値もあるため、必ず公式サイトで確認をお願い致します。

スプレッドで比較

トルコリラのように中・長期間保有する際はスプレッドよりもスワップポイントに重点を置いた方が良いかと思いますが、 短期トレードを繰り返す際はわずかなスプレッドの違いで多額の手数料を払っている事になります。

ひと昔前は、スプレッド1銭以上が当たり前でしたが、最近ではドル/円に関しては0.3銭という業者も増えてきました。

上に挙げた業者では、SBI FXトレードが一番ドル/円のスプレッドが小さいです。

逆にドル/円のスプレッドが0.3銭のFX業者も多い中、0.3銭よりも広い業者はドル/円の短期トレードには不向きと言えます。

ただし、このスプレッドは朝方などの取引の少ない時間帯や激しくレートが変動している際は広がる傾向があります

そのため、原則固定でスプレッドが小さくても、スプレッドが大きく広がる時があり、その幅はFX業者によって異なります。 通常時のスプレッドが狭いのはもちろん、有事の際もスプレッドが広がりにくいFX業者がスプレッドで考えた際に一番良い業者と言えるでしょう。

スワップで比較

FXではスワップポイントの収益よりも為替レート変更による損益の方がはるかに大きいので、トルコリラや南アフリカランドといった高金利の通貨を中長期保有する場合を除いてはあまり意識しすぎてはいけないと思っています。

それでも日をまたいでポジションを持っている事が多い場合は、少しでも貰えるスワップポイントは多い方が良いですし、払いたくないものです。

ドル/円の場合

FX会社 スプレッド 買スワップ 売スワップ
SBI FXトレード 0.27銭 58円 -59円
GMOクリック証券 0.3銭 58円 -61円
DMM FX 0.3銭 34円 -34円
外為ジャパン 0.3銭 34円 -34円
外為どっとコム 0.3銭 41円 -66円
みんなのFX 0.3銭 30円 -55円
外為ファイネスト 0.3銭~ 38円 -67円

買いポジションを持っている時に多くのスワップポイントを貰えるのも良いですが、売りポジションを持っている際に支払う金額が少ないというのも重要です。

トルコリラ/円の場合

FX会社 買スワップ 売スワップ 取引単位
ヒロセ通商 82円 -167円 1,000通貨
FXプライム 82円 -97円 1,000通貨 ※1
SBI FXトレード 82円 -88円 1通貨
外為どっとコム 86円 -106円 1,000通貨
セントラル短資FX 78円 -90円 1,000通貨
サクソバンク証券 81円 -105円 1,000通貨
GMOクリック証券 80円 -90円 10,000通貨
OANDA Japan 57円 -87円 1通貨
みんなのFX 100円 -150円 1,000通貨

新しくトルコリラ/円の取り扱いを始めた『みんなのFX』がスワップ1位です。

選択する際の基準として、貰ったスワップで追加投資を考えているのであれば、1,000通貨から取引できる業者が良いかもしれません

スワップ益を狙って運用する方は、ロスカットされては意味が無いのでギリギリの運用は絶対におすすめできませんが、 スワップを狙う際はロスカットされないぎりぎりのポジションが一番利回りが良い運用となります。

先日、トルコリラが急落した際、他業者の群を抜いて『ヒロセ通商』さんのスプレッドが大きく広がり、ロスカットされたという怒りの言葉を多く目にしました。

常にトルコリラのスワップポイントで上位に位置する『ヒロセ通商』さんで、私もこの記事を書いている現在もヒロセ通商さんの口座でトルコリラのポジションを持っていますが、 余裕のある運用をされない方には、改善されない限りおすすめできません。

取引単位で比較

資金の少ない方・練習したい方・運用益を再投資したい方等は取引単位が少額のFX業者がおすすめです。

果たして1通貨単位の取引まで必要かは疑問ですが、1万通貨ではそれなりの額が必要になるので、100通貨・1,000通貨単位の取引が可能なFX業者を選択するのも良いかもしれません。

FX会社 取引単位
SBI FXトレード 1通貨
OANDA Japan 1通貨
ヒロセ通商 1,000通貨
外為どっとコム 1,000通貨
外為ジャパン 1,000通貨
みんなのFX 1,000通貨
JFX 1,000通貨
外為ファイネスト 1,000通貨
セントラル短資FX 1,000通貨
サクソバンク証券 1,000通貨
FXプライム 1,000通貨 ※1

私のおすすめ業者

ドル/円 中心の取引をする場合

SBI FXトレード
1通貨から取引可能で、ドル/円のスプレッドも最安値です。

ただし、注意していただきたいのは、100万通貨を越える取引はスプレッドが広がるという事です。

FXを生業としているような方以外で100万通貨を越える取引をする方を見た事がないので、おそらくこのページを読んでくださっている方の中には関係のある方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。

DMM FX
スプレッドも0.3銭と最安値付近です。買いスワップは他業者に劣るものの、売りスワップは他業者に比べ小さいため、売りのポジションを持つ際は他の業者に比べて有利です。

外為ジャパン
スプレッドも0.3銭と最安値付近です。そして、安定的に0.3銭である事が多いように思います。DMM FX同様売りスワップは他業者に比べ小さいため、売りのポジションを持つ際は他の業者に比べて有利です。

また、取引通貨単位が1,000通貨単位なので、1万通貨が厳しい方で売りスワップを抑えたい方にはおすすめです。

スキャルピングをする場合

スキャルピングとは、数pips~数十pipsというわずかな利幅を狙い1日に何度もトレードする超短期トレード手法ですが、サーバーに負担がかかるため多くのFX業者で推奨されておらず、 やりすぎると口座を凍結される恐れもあります。

そんな中、JFX スキャルピング公認という数少ない業者です。

トルコリラ/円 の中長期運用をする場合

GMOクリック証券
ここ最近、トルコリラのスワップポイントで上位に位置する事が多く、スワップ益を引き出す事も可能です。

トルコとアメリカが相互でビザの発給を停止した影響でトルコリラが急変動した際、売値だけ急落しスプレッドが2円も開いた業者や、スプレッドはさほど開かなかったものの、買値も下がらなかった業者等ありますが、 その中で優秀な数字を残したと言えるのではないでしょうか。

1つの口座でドル/円 トルコリラ/円 を運用する場合

SBI FXトレード
先ほど ドル/円 を中心に取引する方におすすめしましたが、トルコリラ/円のスワップポイントも優秀で、1通貨から取引できるため、スワップ益の再投資も可能です。

GMOクリック証券
こちらも先ほど トルコリラ/円 を中心に取引する方におすすめしましたが、ドル/円のスワップポイント、スプレッドも上位に位置する数値です。

アプリがiPadにも対応していれば言う事無しだったのですが、そこだけが残念です。

みんなのFX
トルコリラで取引をする際、長期ホールドする事が多いと思いますが、その場合当然有利なのはスワップポイントが高い業者です。

まだトルコリラの取り扱いを始めたばかりなので、どこまで続くかはわかりませんが、現状トルコリラスワップ1位なので始める価値は高いと思います。

最後に

今回は、私が ドル/円 ・ トルコリラ/円 をメインに取引しているので、勝手な私のおすすめを書かせていただきましたが、 他にも約定力の高さ・ツールの使いやすさ・情報量の多さなど様々な選択基準があると思います。

FXの業者選びはとても重要なので、しっかりと調べて自分に一番合ったFX業者を見つけて下さい。

記事作成日:2017.11.11

Facebookへ Twitterへ Feedlyへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加