愛犬が下痢をした際の対処法と飲ませて良い薬

体調不良

はじめに

頻度や症状に個人差はありますが、人間も犬も体調を崩して、下痢をしてしまう事があります。

『正露丸』や『ビオフェルミン』などを常備しているご家庭も多いかと思います。

人間の大人であれば、少しお腹を壊したぐらいの症状であれば、病院に行かず市販の薬を服用して様子を見る場合も多いかと思います。

人間の大人の場合は、自分の症状や原因がなんとなくでもわかる事も多く、病院へ行くか自分で判断できますが、犬の場合はそうはいきません。

明らかな原因がある場合を除いて、『原因』や『症状の重さ』がわからない場合も多いです。

通院に対して手厚い保証のあるペット保険に加入していれば良いのですが、医療保険の無い愛犬を何度も病院に連れていくにも、費用がかかってしまいます。

そのため、症状がそれ程ひどくなければ、何日か様子を見る飼い主さんも多いのではないでしょうか。

我が家の愛犬も、食欲が無く草を食べようとする事はちょこちょこありますが、滅多に下痢などはしないのですが、下痢をしてしまった際は、日に何度もトイレをするため、家の床が大変な事になってしまいます。

人が起きている時は良いのですが、寝ている間にトイレをしてしまうと、一緒に寝ているため、布団まで大変な事になってしまいます。

ぐったりしている際は病院に連れて行きますが、下痢以外の症状が見られない際は、様子を見る事もあるのですが、下痢の症状は止めたいため、色々と調べてみました。

下痢を起こす原因

何らかの処置(対処)をする前に、どうして下痢をしているのか考えるのはとても重要です。

下痢をしたからといって何も考えずに、下痢止めの薬をあげるのではなく、ますは原因を探しましょう。

『すぐに病院に連れて行かなければいけない状態』なのか、『様子を見て大丈夫な状態』なのか、『食べてはいけないものを食べた』のか、『食べ過ぎた』のか『食べたものが合わなかった』のかなど色々考えなければいけません。

何らかの病気にかかっている可能性もありますし、原因がわかれば今後、同じ事を繰り返さなければ下痢を防ぐ事もできます。

原因を特定し、適切な対処と治療、予防を行う事が何より大切です。

下痢を起こす様々な原因

食物過敏症

ストレス

誤飲

感染症

病気

食物過敏症

犬にあげてはいけないものとして、『チョコレート』や『ネギ類』、『ブドウ』『キシリトール』などは有名ですが、その他のものであっても、体質的に合わないものがある可能性があります。

普段とは違うものをあげた後に下痢をしていないか、あげたものを思い出してみましょう。

ストレス

犬はストレスが原因で下痢をしてしまう場合もあります。

車での長時間の移動や、大きな音が鳴った、いつもとは違う環境の場所へ行ったなど普段とは違う事が犬の周りで起こっていませんか?

最近の状況を良く思い出してみましょう。

ストレスが原因の場合は、投薬や病院よりもストレスの原因を排除する事が何よりも大切です。

誤飲

誤飲をしてしまった場合も、嘔吐や下痢などの症状が出る可能性があります。

24時間監視するわけにもいきませんし、散歩中に気付かぬうちに何かを口にしてしまった際などわからない場合も多いですが、家の中や庭で何か誤飲していないか注意深くみてみましょう。

特に『誤飲』をしてしまった場合で、嘔吐や便で体外に排出できない場合は体内に異物が残った状態であり、様子を見ても回復しません。

早急に病院に連れていく必要があります。

感染症

感染症を起こした場合も下痢をする可能性があります。

『ドッグラン』へ行って他の犬と触れ合った、草むらに入り込んだなどの状況が最近なかったか思い出してみましょう。

下痢はひどく病院に連れていった際は、必ず細菌やウイルスの検査をされるため、下痢の原因となる可能性も高いのではないでしょうか。

病気

病気が原因の場合は特に注意が必要です。

様子を見ている間に症状が悪化してしまう危険性もあります。

下痢止めなどで一時的に症状を抑えても、処置が遅くなるだけでかえって危険な場合もあります。

原因が特定できない場合は、病気を疑いすぐに動物病院へ連れていきましょう。

また、日頃から犬の様子をチェックし、定期的に健康診断を受けるなどの対策を取りましょう。

下痢をした際の家庭内対策

ここであげる対策はあくまでも症状が軽度な場合の対策であり、症状が重い場合や、自然回復が望めない場合はすぐに病院へ連れて行く事をおすすめします。

他にも下記のような症状がある際は、病院へ連れて行きましょう。

病院へ連れて行くべき状態

下痢以外の症状がある

便が水のようにさらさらの状態

便に血や黒いものが混ざっている

便がジャム状である

体力の弱い幼犬や老犬

様子を見ても症状がおさまらない

01絶食させる

下痢の症状が『軽い』場合(便が柔らかい程度)や、『排便回数が普段と変わらない』場合、下痢以外の症状が無く『元気にしている』場合などは症状が軽い可能性があります。

胃腸を休ませるために『絶食』して様子を見てみましょう。

絶食は半日~1日行い、様子を見てドッグフードをふやかすなど、『消化に良いもの』をあげていきましょう。

幼犬の場合は絶食すると衰弱してしまったり、低血糖になるなどよくないため、病院に連れていくか少しでも食事を摂るようにしましょう。

絶食期間中も水分はあげましょう

脱水症状を起こしてしまう可能性があります。

特に、便が水っぽい場合や、便の回数が増えている場合は脱水症状を起こしやすいので注意しましょう。

この絶食は、何らかの理由で『消化不良』などを起こしている時は効果的ですが、菌などが原因の際は便は出し切った方が良いです。

02下痢止め薬を使う

愛犬が下痢をしている場合、少しでも早く症状を抑えてあげたくなるかと思います。

病院に行く程ではない軽度な症状の場合、市販の薬をあげてみるのも1つの方法です。

愛犬が下痢を起こす原因の例を先ほどご紹介しましたが、当然薬を使う際は原因に合った薬を使う必要があります。

薬の種類

整腸剤

病院でもよく処方される整腸剤を飲ませる事で下痢の症状が早く収まる可能性があります。

整腸剤は、『乳酸菌』や『ビフィズス菌』など腸で働く微生物が主な原料であるため、特に害が出にくいという特徴があるため、ご家庭でも安心してあげる事が可能です。

腸内環境のバランスが乱れ、悪玉菌の数が増えて下痢を起こしている場合に有効です。

便秘の症状にも有効です。


人用の薬ですが犬にも使えるため常備薬として

『ビオフェルミン S』は、人用の薬ですが、その内容は『乳酸菌』や『ビフィズス菌』であるため、犬に飲ませても大丈夫な薬です。

便秘や下痢に使えるため、ご家庭に常備しておくのも良いかもしれません。

人間であれば、容器に記載の量を目安に飲む事もできますが、愛犬に飲ませる際は、

  • 小型犬:半錠から1錠
  • 中型犬:1錠から1錠半
  • 大型犬・超大型犬:2~3錠

くらいの量を目安に飲ませると良いかと思います。

我が家の愛犬(約3kg)には、1回半錠の1日2回飲ませています。

包丁を錠剤の真ん中にあてて少し力を入れると簡単に2つに割る事ができます。

錠剤が苦手なワンちゃんには粒子タイプもあります。

注意していただきたいのは、抗生物質を飲んでいるワンちゃんです。

『ビオフェルミン S』は、抗生物質を飲んでいる場合は使う事ができません。

代わりに使えるのは『ビオフェルミン R』ですが、その場合は動物病院などで処方してもらう必要があります。

収れん剤

こちらもよく出される薬です。

炎症反応を抑制し、腸粘膜に付着し傷ついた炎症面を収れん作用・止血作用により修復します。


犬・猫用の消化器用薬

市販されていますが、素人目には愛犬の腸内が炎症を起こしているかどうか判断するのは難しいため注意が必要です。

『ベルベリン』という単語を聞いた事のある方もいらっしゃるかと思いますが、ディアバスターには、『タンニン酸ベルベリン』が含まれており、腸内の有害な細菌に対し殺菌作用もあります。

ベルベリンは『防腐剤』にあたります。

サプリメント

犬用のサプリメントなども普及しており、動物病院でサプリメントが処方される事もあります。

胃腸の働き改善や栄養補給を目的として作られたサプリメントをあげてみるのも、下痢の症状を抑える1つの方法です。


人用ですが、愛犬にあげても大丈夫です

『エビオス』は人間用のサプリメントですが、犬にあげても大丈夫です。

CMなどもやっており、聞いた事のある方も多いのではないでしょうか。

胃腸の働きを活発にし、胃弱や食欲不振を改善、栄養素を補うサプリメントです。

主原料は『ビール酵母』で、ドックフードなどにも入っている場合があるかと思います。

他の薬との併用や、絶食時の栄養補給などにも使えるかと思います。

犬にも美味しいようで、バリバリと美味しそうに食べてくれます。

1日の量は、体重5kgにつき、2~4錠を目安にしましょう。


他にも薬の種類は色々ありますが、基本的に病院から処方されるものも多いため、説明は割愛させていただきます。

上記の薬で効果が出る場合もありますが、やはり症状によっては病院から処方された抗生物質などを飲むと効果が高い場合が多いように思います。

また、薬を飲ませる際は、愛犬が飲んでくれれば良いのですが、薬によっては飲んでくれない場合もあります。

そういった際は、薬を口の中に入れ、口を手でおさえて優しく喉をさすってあげると飲み込んでくれる場合もあるので試してみて下さい。

犬も飲める人間の薬(サプリメント)もご紹介しましたが、基本的に人間の薬を犬に飲ませてはいけません

人間が下痢をした際は『正露丸』が有名ですが、犬にあげると中毒症状を起こす可能性もあるため、絶対にあげないようにしましょう。

また、人間用の『風邪薬』も死亡する事がある程、犬には大変危険な薬のため絶対に飲ませないようにしましょう。

最後にもう一度念押しになりますが、状況によっては、すぐに病院に行く必要がある場合もあるため十分に注意し、下痢の症状を抑える際も、ウィルスや寄生虫などによる感染症の場合など止めてはいけない下痢もあるため、十分注意しましょう。

記事作成日:2021.08.12