寒くて赤ランプ。IQOS不調の原因と寒さ対策

寒さに弱いIQOS

記事関連ワード

IQOS 寒さ 弱い 対策 赤ランプ

はじめに

IQOSを使い始めて2回目の冬を迎えます。

私が住んでいるのは九州の福岡県なので、沖縄程温かくありませんが、北海道や東北地方程寒くはありません。

この記事を書いている現在、まだ0℃を下回るような寒さではありませんが、寒くなってきたので、IQOSをチャージャーから取り出すとホルダーが赤ランプ点灯という現象が頻繁に発生するようになってきました。

始めは故障かなと思っていたのですが、昨年の冬、たまたまホルダーが壊れて新しいものに交換してもらってからもこの現象は起こっていたので、 寒い時期は、何かと故障の多いIQOSですが寒さを疑ってみるのも良いかもしれません。

IQOSが寒さに弱い原因

IQOSのチャージャーのバッテリー容量は結構大きく、2,900mAhもあります。

2,900mAhもあればスマホなどと変わらない容量です。寒くてスマホが使えないなどといった現象はそう起こらないと思います。

それに対し、IQOSホルダーのバッテリー容量は120mAh程度しかありません。

そのため、温度の影響を受け安く、気温の低下によって、バッテリー性能が低下し、赤ランプが付くといった現象が起こるようです。

IQOSのホルダーを温めて再度充電すれば、1分程度で充電完了し、吸えるようにはなるのですが、頻繁に発生するので結構イライラさせられます。

チャージャーから出した時点で赤ランプはまだ良い方で、吸いだしてから途中で赤ランプになると、1本無駄になってしまいます。

IQOSの寒さ対策

故障ではなく、寒さが原因とわかれば、対策が立てられるかと思います。凄く当たり前な方法で申し訳ないのですが。

寒い所に置かない
寒い窓際
私は寝る前にIQOSチャージャーを充電するのですが、窓際に置いて充電していました。窓際での充電を辞めると朝一一発目から赤ランプになる確率が減りました。

また、暖房の効いた部屋に置いている場合は、あまり赤ランプ現象は起きないように思います。 また、持ち歩く際も肌に近いポケットなどに入れておくと良いかもしれません。

ホルダーを手で温める
IQOSを温める
原始的な方法ですが、赤ランプ現象が起こってしまった場合は、IQOSホルダーを手で温めましょう。 カイロなどを使うと効率が良いかもしれません。

ケースに入れる
現在裸で使われている方も寒さ対策や、傷、衝撃からIQOSを守るためにもケースの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

IQOSは、色々なケースが販売されていると思いますが、デザインや性能も大事ですが、IQOSが冷えにくくなるよう全体を覆うケース、冷えにくそうな素材なども考慮して選ぶと良いかもしれません。

最後に

対策としては、もの凄く原始的な方法を書いていますが、故障というよりは、温度の低下によるバッテリー性能の低下が原因で赤ランプ現象が起こる事さえわかってしまえば、 自分なりの対策が立てられるかと思います。

吸おうとした時に吸えないのは結構ストレスなので、今後機能が改善されると良いですね。

記事作成日:2017.12.23

Facebookへ Twitterへ Feedlyへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加