アプリを紹介(アフィリエイト)してお小遣いを稼ぐ方法

アプリアフィリエイト

ブログで稼ぐ手段

ブログサイトで報酬を得るために、アフィリエイトをする際、勝手に種類を分けると以下のようなものがあるかと思います。

ASP経由の個別案件商品
各社ASPに登録し、個別商品やサービスを紹介して報酬を得る

物販系
Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのモール内商品を紹介して報酬を得る

クリック課金型
GoogleAdsenseなどのクリック課金型の動的広告を掲載し、クリックしてもらう事で報酬を得る

インプレッション型
広告が表示された回数に応じて報酬を得る

アプリ系
ユーザーにアプリをダウンロード・利用してもらう事で紹介報酬を得る

もの凄く強引に分けた感じがありますが、何となく解かっていただけると幸いです。

ASP経由の個別案件に関しては、各ASPのサイト内から広告を取得するだけです。

Amazonや楽天市場などの物販系モール商品の紹介方法やGoogleAdsenseに関しては別記事でご紹介しているため、今回は、アプリ系広告の掲載方法について書いていきたいと思います。

アプリを紹介するには

アプリを紹介する手段としていくつか方法があるため、ご紹介していきたいと思います。

iTunesアフィリエイトプログラムを使う

2018年に、iTunesアフィリエイトプログラムは廃止となってしまいました。

有料のアプリを紹介し、広告のリンク経由でダウンロードされると2.5%程の紹介報酬が貰えていました。

日本では利用者の多いiPhoneのアプリを紹介できるPHGが利用できなくなったのは残念で仕方ありません。

Appleのアプリを紹介して報酬を得るためには、ASP経由の個別案件を使う以外に方法がなくなってしまいました。

アプリ中心でアフィリエイトをしていたサイトは大打撃をくらったのではないでしょうか。

Amazonアソシエイトを使う

Amazonアソシエイトの審査に合格するか、もしもアフィリエイトなどのASPにてAmazonと提携する事で、AmazonのAndroidアプリストアのアプリを紹介し報酬を得る事ができます。

注意していただきたいのは、GooglePlayストアのアプリではなく、AmazonのAndroidアプリストアのアプリを紹介した場合という事です。

AmazonのFireOSを利用している方であればおなじみのストアですが、Apple製品や通常のAndroid製品を使っている方はあまり利用する事がないため、利用者は少ないかもしれません。

とはいえ、個別案件ではなく、ストア内にある有料アプリがダウンロードされれば報酬を貰う事ができるので、対象アプリはそこそこ多いかと思います。

また、FireOSも大元はAndroidOSのため、基本的にAndroid端末であれば、アプリを使用できます。

有料アプリがダウンロードされた際の報酬料率は8%で、Amazonアソシエイトももしもアフィリエイトも同じ最高料率となります。

A8.netやバリューコマースは料率が劣ります。

GooglePlayで直接紹介はできない

残念ながら、GooglePlayストア内の全有料アプリを対象とした紹介方法は現状存在しません。

随分前に、紹介できるようになるとの話があったのですが、一向に紹介できるようにならないため今後もあまり期待できません。

AndroidユーザーにAmazonのAndroidストアでのダウンロードを促すか、存在するASPの個別案件を使用するしかありません。

ASP経由で紹介する

Appleのアプリストアや、GooglePlayストア内の全有料アプリの個数には到底及びませんが、その中の一部のアプリをASP経由で紹介し報酬を得る事が可能です。

良い点は、無料アプリでも報酬が貰える案件がある事や、料率制に比べ報酬が高い点です。

悪い点として、アプリというものは流行りすたりが早いため、案件の期間が短い傾向にあるため、広告の入れ替え作業が頻繁に発生する可能性がある点です。

アプリアフィリエイト

商品やサービスを購入、契約してもらうアフィリエイトと比較して、アプリを紹介する場合のメリット・デメリットをご紹介します。

アプリアフィリエイトのメリット

成果達成までのハードルが低い

もちろん有料アプリをダウンンロードしてもらう必要のある案件もありますが、中には無料アプリのダウンロードで報酬が貰える案件も数多く存在します。

上手く記事を書けば、試しに気軽にダウンロードしてもらえる可能性が高いです。

商品の購入やサービスの利用などお金を払ってもらうアフィリエイトに比べ、成果報酬を得るまでの条件の敷居が低いと言えます。

記事を作り易い

何かを紹介する記事を書く際、自分の所持していな商品について書いたり、利用した事のないサービスについて書いたりするのは非常に難しいです。

いくつかのサイトを検索して、そこに書かれている情報を書くだけでは既に他の方が書いている内容になってしまい、オリジナル性に欠けた記事の内容になってしまいます。

その点、アプリアフィリエイトであれば無料アプリの案件を探せば、自分でダウンロードして使ってみる事でオリジナルの内容の記事を書く事も可能です。

ライバルが少ない

アフィリエイトの歴史に比べ、アプリアフィリエイトの歴史はそれ程長くありません。

まだまだアプリアフィリエイトを本腰を入れてやっている方は少ないのではないでしょうか。

スマートフォンが今ほど普及し、誰もが持っているような状態になったのはまだ最近の事です。

また、日々次々と新しいアプリが登場しているため、1つ1つの案件を扱っている人数は少ないのではないでしょうか。

アプリアフィリエイトのデメリット

アプリアフィリエイトをするのは良い点ばかりではありません。

デメリットもご紹介します。

広告の入れ替わりが激しい

一番のデメリットは、アプリアフィリエイトの案件は短期間で終了してしまうものが多いように思います。

日々新しいアプリが作られ、登場して知名度が上がる前の期間にアフィリエイトができるイメージです。

誰もが知っている有名なアプリに成長する頃には既に案件は終了している可能性が高いですし、しばらくして人気が出ない場合も終了してしまう事が多いです。

そのため、定期的に広告の見直しをする必要があり、他のアフィリエイトに比べそのスパンは短いです。

アプリごとの個別案件は管理が大変という方は、ASPによっては自動でアプリが入れ替わるものやランキング形式で表示するものもあり、管理が楽になるので試してみるのも良いと思います。

記事の書き方に工夫が必要

知名度が出る前のアプリの案件を扱う際は、記事の内容にも注意が必要です。

商品やサービスの紹介であれば、ユーザーはお金を支払うに値するか商品やサービスについて調べる可能性もあるため、商品名やサービス名で検索をする可能性があります。

無名のアプリに関してはアプリ名での検索を狙うのではなく、アプリのジャンルとおすすめ〇〇選などの方向でSEO対策を行っていく必要があるのではないでしょうか。

また、サイト内に簡単に広告内容を入れ替え可能な表示領域や仕組みを作り、表示してみるのも良いかもしれません。

単価はそれ程高くない

1回の報酬は数十円~数百円程度です。

一回で数千円という案件はほとんど無いため、ある程度のまとまった報酬を得るためには、ダウンロード数を稼ぐ必要があります。

アプリの紹介方法

ASP登録

A8.net・バリューコマース・もしもアフィリエイト・afb・アクセストレードなどの一般的なASPでもアプリ案件が発生する可能性はあるのですが、正直数は少ないかと思います。

そのため、アプリ特化型のASPに登録する必要があります。

などのASPを調べてみてください。

一般的なASPに比べて、アプリ案件を扱うASPは審査が厳しい傾向にあるかと思います。

また、クローズドASPの場合も多く、審査に通らない場合や、案件が見えない場合もあります。

私はこのブログ1本しか運営しておらず、正直サイト内容は合致しませんし、PVも少ない事から審査に通るのが難しく、細かい説明をする事ができません。

いくつかのASPには登録できましたが、審査に通過できないものもあり、比較が難しいため、今回は説明は控えさせていただきます。

アプリーチの利用

アプリーチを使えば、iOS用とAndroid用のリンクを簡単に作成する事が可能です。

以下のようなリンクを簡単に作成する事ができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

無料で使える有難いツールですが、無料で利用させてもらう際はアプリーチさんへのリンクは外せないので注意して下さい。

PHG等を使ってアフィリエイトをする際は、非常に便利でしたが、PHGはアプリ案件が終了してしまったため、各ASPさんのリンク作成機能を使ってリンクを作成するのも現状では有効かもしれません。