ダイソン掃除機のバッテリー交換方法

掃除する人

記事関連ワード

ダイソン バッテリー 交換 方法

はじめに

ダイソン DC62 を購入して2年以上が経過しました。

購入する時は、ダイソンにするかマキタの掃除機にするか非常に悩みましたが、 性能に関しては近いものがあるのですが、やはりダイソンの方がオシャレで、 見える所に掛けていてもインテリアみたいな感じですし、 布団掃除用のヘッドなど用途に合わせた交換用のヘッドが3つ付属しているものを購入したので、 とても便利です。

購入を検討されている方は、交換用のヘッド(特に布団掃除用のヘッド)が付いているものを購入する事をおすすめします。

吸引力も凄いですし、コードレスなのでとても使いやすいです。

バッテリー交換までのバッテリー状態

現在、2LDKの家に住んでいますが、購入当初は、リビング・部屋2つ・玄関・洗面所などを1回のフル充電で掃除できていました。

1年とちょっとしてからでしょうか。丁寧に掃除していると、一回の充電で全ての部屋を掃除できなくなってしまいました。

ダイソンは、充電が少なくなってくると吸引力が弱くなるという事はなく、いきなりスパッと切れて充電しないと使えなくなるのが潔いです。

充電が切れる前兆などがわからないので、あとちょっとだったのに。という事もしばしばあります。

10分も使えない状態で我慢して使っていたのですが、ある日から突然30秒以上使えない状態になってしまいました。 購入して2年と数か月の出来事です。

バッテリーがへたる時も突然のようです。笑

本体自体は、全く故障も無く元気に動いているので、バッテリーを交換する事にしました。

掃除機が使えないのは非常に困るので慌てて購入しました。

バッテリー購入

Amazon・楽天・yahooショップ・公式ショップなどをざっと見回して、レビューなども見てみましたが、私が検索した際は楽天が最安値でした。

皆さんが購入される際は状況が違うかもしれませんので、探してみてください。

また、購入の際は気をつけて欲しい事があります。

①対応機種に注意する
DC58/DC59/DC61/DC62/DC74 用 など、どの機種に対応しているか書かれていると思いますので、必ずお持ちの機種に合ったバッテリーを購入しましょう。

私のダイソンDC62には、本体に『DC62』と記載されているので、ダイソン掃除機本体を見ていただければお持ちの機種がわかるかと思います。

ネジ式かはめ込み式か
バッテリーにはネジ式のものとはめ込み式のものがあります。

お持ちのダイソンのバッテリーがどちらなのかバッテリーを外して確認してみてください。

バッテリー交換手順

購入したdysonバッテリー

私が購入したバッテリーはこんな感じです。 では本題の交換方法です。

①ゴミを貯める所を外す
下写真の赤丸の場所の赤いレバーを一番下まで下げると透明のゴミを貯める部分が外れます。

スポッと外れるのではなく、少し角度をずらしてあげないと外れないので、壊さないように慎重に外してください。

ゴミを貯める部分を外したdyson

②ゴミを貯める所を外す
下写真の赤丸部分2箇所のネジを外します。

ネジを外す箇所1

ネジを外す箇所2

③バッテリーを外す
ネジを外すとバッテリーが外れます。

バッテリーを外したdyson

④元に戻す
後は、新しいバッテリーを付けて、2箇所ネジをとめ、透明部分を付ければ交換完了です。

本当にやり方さえわかれば、5分もかからない作業です。

最後に

交換後、見事に復活し、全部屋を一回の充電で掃除できるようになりました。

末永く使える事を祈ります。

バッテリーは、家電量販店などに回収ボックスが置かれている場合もありますし、捨て方はお住まいの地域によって異なると思いますので、 正しく廃棄しましょう。

私は今回、正規品ではなく、互換品を購入しました。

正規品の方が間違いが無いかとは思いますが、互換品の方が安く、また正規品よりもバッテリー容量の大きいものもあるので、 ご自分に合ったものを探してみてはいかがでしょうか。

くれぐれも、お持ちの機種に合わないバッテリーを購入してしまわないよう気を付けて下さい。

記事作成日:2018.02.08

Facebookへ Twitterへ Feedlyへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加