おさえておきたいFX用語

FX用語

FXとは

FXは、『Foreign Exchange』の略称で日本語に訳すと『外為』でしょうか。

正式には外国為替証拠金取引と言います。

ドルやユーロなどの外国通貨と交換し、為替レートの変動により利益を狙います。

外国通貨へ両替するイメージと考えるとわかりやすいかもしれません。

世界中に市場が存在するため、土日を除く平日は24時間取引を行う事が可能です。

実際に取引した場合の例からイメージしていただければと思います。

例えば、日本円で100万円持っており、1$=100円のレートでドルへ両替したとします。

  • 日本円 100万円 ⇒ 米ドル 1万ドル

しばらくして、為替レートが変動し、1$=105円になった時に1万ドルを日本円に両替したとします。

  • 米ドル 1万ドル ⇒ 日本円 105万円

すると、元々100万円だった資金が105万円となり5万円の利益が生まれました。

このようにして、為替レートの変動により利益を狙うのがFXです。

逆に為替レートが1$=95円になると5万円の損失が発生します。

FXの仕組みと用語

上では『両替』というわかり易い言葉でご説明しましたが、FXで出て来る用語や仕組みを解説していきます。

これから上げる仕組みや用語は必要最低限のものです。

これからFX取引を始める方は必ず理解しておきましょう。

買い・売り

売買で利益を出す基本は、安く買って高く売るですが、それだけですと、【1$=100円】相場から【1$=105円】へ変動すると予測した場合は取引できますが、【1$=95円】に変動すると予測した場合取引が出来ません。

外貨預金であればその通りで、為替相場が下がる局面(円の価値が上がる)では外貨預金をすると為替レート上は損をしてしまいます。

両替や外貨預金では、

『円から$に変える(買う) ⇒ 持っている$を円に戻す(売り)』という円 ⇒ $ ⇒ 円という取引しかできません。

それに対し、FXにおいては逆の取引、$ ⇒ 円の取引からいきなり始める事ができます。

私は日本円しか持っていないのにどうして$ ⇒ 円の取引ができるの?と思われる方も多いと思います。

$をFX業者から借りて$で円を買い、あとで円を$へ戻してFX業者へ返し、差額が利益(損失)になると考えるとわかり易いかもしれません。

ドル/円の通貨ペアにおいて、

円で$を買う ⇒ 買い・ドル買い

$で円を買う ⇒ 売り・円売り

などと言います。

レート【1$=100円】時に1万ドル『買い』

1$=105円 に変動 ⇒ 5万円の利益

1$=95円 に変動 ⇒ 5万円の損失

レート【1$=100円】時に1万ドル『売り』

1$=105円 に変動 ⇒ 5万円の損失

1$=95円 に変動 ⇒ 5万円の売り

といったように相場がどちらに動いても利益を上げる事が可能です。

先ほど、FX業者から$を借りて円を買うイメージとお話しました。

そうすると、例え日本円しか持っていなくとも、円が絡まない通貨ペアの取引も可能です。

有名な通貨ペアは、ユーロ/ドルです。

他にも様々な通貨ペアがありますが、世界中の全ての通貨で取引ができるわけではありません。

FX業者によって取扱い可能な通貨ペアは異なります。

とにかく、この買い・売りを理解しておかないと、取引ができません。

間違って取引すると為替変動の予想は当たっても全く逆の取引をしてしまうため、損失を出してしまう事になります。

また、表示される際、ASK(買い)・BID(売り)というように英字表記しているFX業者もありますので覚えておきましょう。

その他にも、株などでは単純に『買い』『売り』などと言われますが、FXやCFDなどの指数系の取引においては、『買い = ロング』、『売り = ショート』などとも言われます。

色々な言い方や表示があり、最初は困惑するかもしれません。

レバレッジ

上で説明したように【1$=100円】のレートで100万円を1万ドルに交換するのであれば、両替・外貨預金などとあまり変わりません。

これはレバレッジ1倍の取引です。

FXでは、このレバレッジという仕組みを使って持っているお金よりも大きな金額の取引を行う事ができます。

日本円100万円所持 レバレッジ5倍 レート:1$=100円の場合、5万ドルの取引を行う事が可能です。

先ほどのレバレッジ1倍では【1$=100円】から【1$=105円】にレートが動いた場合、5万円の利益が生まれましたが、 レバレッジ5倍で取引を行った場合は、25万円の利益が生まれます。

100万円をFX口座に入金し、レート【1$=100円】時に1万ドル買えば、レバレッジ1倍の取引、5万ドル買えばレバレッジ5倍の取引です。

同じ為替レートの変動幅で利益が増えるわけですから、当然予測に反した動きになってしまった場合は、損失額も増えます。

以前は日本のFX会社でもレバレッジ200倍の取引が可能でしたが、その後50倍へと下がり、現在はレバレッジ25倍までの取引が可能です。

仮に【1$=100円】のレートとすると、4万円の資金で100万円分の取引ができるという事になりますが、少ない資金でレバレッジの倍率を上げすぎると僅かな為替変動で資金が無くなってしまうため注意が必要です。

このレバレッジですが、最大10倍に変更するといった話も出ているようです。

これは日本のFX会社の場合の話で海外のFX会社を利用すればより高いレバレッジをかけて取引を行う事ができます。

ただし、海外のFX会社を使う際は、利益を上げた際、税金の優遇を受けられなかったり、出金できない等のトラブルに合う可能性もあるため注意して下さい。

必要証拠金

レバレッジの話をしましたが、どのようにレバレッジの仕組みが成り立っているかというとこの必要証拠金がレバレッジを管理しています。

例えば、【1$=100円】のレート時に1万米ドル購入したい場合、口座がレバレッジ25倍が上限だとすると、FX口座に4万円以上のお金が入っている必要があります。

最低でも購入金額の4%は口座に入金されている必要があるという事です。

1万$の取引をする場合

  • 為替レート【1$ 100円】 ⇒ 必要証拠金:4万円
  • 為替レート【1$ 120円】 ⇒ 必要証拠金:4万8千円

上記のように必要証拠金は、為替レートや通貨ペアによって変動します。

現在、日本国内の取引業者では、レバレッジ25倍が最大で取引金額の4%が口座に必要(必要証拠金)ですが、通貨ペアによっては、4%以上の必要証拠金が必要な場合があります。

ロスカット

FXでは、基本的に資産がマイナスとなる状況を許しません

そのため、為替レートの変動により損失額が増えてくると強制的に決済されてしまいます。

この強制決済がロスカットと呼ばれるものですが、その細かい仕組みはFX会社事に異なります。

必要証拠金が確保できなくなった場合にロスカットされるFX業者を例にしてみます。

FX口座に5万円入金し、【1$=100円】のレートで米ドルを1万通貨購入したとします。

レバレッジ25倍であれば必要証拠金は4万円です。

為替レートが動き【1$=99円】になった場合、損失は1万円。FX口座には5万円しかないので1万円差し引くと4万円が残りです。

必要証拠金を4万円とすると、あと1銭でも下がれば必要証拠金の4万円が足りない状態となるため、【1$=98円99銭】になると、強制的に決済されてしまいます。

この場合、FX口座には3万9,900円の資金が残ります。

このロスカットの基準は、FX業者によって異なり、必要証拠金を下回ったら強制決済される業者、必要証拠金の80%を下回ったら決済される業者などがあります。

このロスカットの仕組みは、資産を守るためにあり、全てのお金が無くなってしまう事を防いでくれますし、資産がマイナスになり追加で入金しなければいけないといった事態を防いでくれます。

もちろんロスカットの仕組みのおかげで全資産を失う事を防ぐ事が可能ですが、途中いくらマイナスであっても、決済した時にプラスであれば良いのがFXですので、ロスカットぎりぎりでの運用などは控えましょう。

FX業者によって異なりますが、このロスカットが発生した場合に1万通貨当たり500円などといった費用が発生する場合もあります。

また、先ほど基本的には資産がマイナスにならないと言いましたが、例外があります。

レートが急激に変動した場合、ロスカットが追いつかず資産がマイナスになってしまう可能性があります。

FX口座に入金したお金が無くなってしまう覚悟は持っている方も多いと思いますが、入金額以上に損失を出してしまう事も実際にあり得ますので覚えておきましょう。

海外FX業者では、レバレッジ200倍の取引ができたり、この強制ロスカットの仕組みが緩かったり無かったりする事もあり、持っている資金以上に負け、後々足りない分を支払うはめになる事も多いので注意して下さい。

強制的に決済される事をロスカット、強制ロスカットなどと呼びますが、そこまで損失が膨らむ前に自分でマイナスの状態で決済する事を損切りと言います。

利益のある状態で決済する事を利確(利益確定)などと呼びます。

取引単位

よく、『いくらあればFXを始められるの?』と聞かれますが、取引する通貨やFX会社によって必要な金額は違います。

取引単位は、1通貨~10万通貨であるFX会社がほとんどだと思います。

レート:1$=100円 レバレッジ25倍 $/円

1通貨 = 1$ ⇒ 必要証拠金 4円

10通貨 = 10$ ⇒ 必要証拠金 40円

100通貨 = 100$ ⇒ 必要証拠金 400円

1,000通貨 = 1,000$ ⇒ 必要証拠金 4,000円

10,000通貨 = 10,000$ ⇒ 必要証拠金 40,000円

100,000通貨 = 100,000$ ⇒ 必要証拠金 400,000円

上記のように1通貨から取引できるFX業者であれば4円あれば一応の取引は可能です。

ただし、1通貨の取引の場合、1$100円 ⇒ 1$101円 へ相場が変動じても1円しか利益が生まれません。

最低の取引単位は1,000通貨 or 10,000通貨のFX業者が多いです。

全通貨ペアの最低取引単位は固定ではなく、ある通貨の最低取引単位は10,000通貨、ある通貨ペアの最低取引単位は100,000通貨など同じFX業者であっても通貨ペアによって最低取引単位が異なる場合もあります。

当然、上記に記載した必要証拠金のみの入金では、悪い方に相場が変動するとすぐに強制ロスカットされてしまうため、資金に余裕を持った取引単位で取引を行いましょう。

スプレッド

スプレッド

ある一瞬で売り買いを行う際、売り値と買い値でレートが上図のように異なります。

為替変動が全く起こらない状態で、例えば$を円で買いすぐに決済した場合、プラスマイナス0にはなりません。

為替変動は無くとも、買値と売値に差があるためマイナスが生じます。

この買値と売値の差をスプレッドといいます。

上の例の図では、『1$113円61.1銭(買値) - 1$113円60.8銭(売値) = 0.3銭』のスプレッドがあります。

たかが0.3銭ですが、

  • 1万通貨取引 ⇒ 30円
  • 10万通貨取引 ⇒ 300円
  • 100万通貨取引 ⇒ 3,000円
  • 1,000万通貨取引 ⇒ 30,000円

という具合に、取引量が増えればどんどんスプレッドによるコストがかさみます。

このスプレッドがFX業者の収入源になるため、どこのFX会社であっても、どの通貨ペアであってもスプレッドはあります。

このスプレッドは、FX業者や取引通貨ペアによって異なります

最近では、ドル/円の通貨ペアに関しては、『0.3銭』とスプレッドが小さい業者も増えてきましたが、ひと昔前までは、『3銭』程かかっていました。

頻繁に売買する方や取引量の多い方は、スプレッドの小さい業者を選ぶ事をおすすめします。

また、マイナー通貨や取引量の少ない通貨はこのスプレッドが大きい傾向にあり、通貨によっては数十銭のスプレッドがあるものもあります。

そういった通貨は長期保有ならまだしも、短期間の売買では利益を出すのが難しくなります。

FX業者を選ぶ際は、自分が取引する通貨ペアのスプレッドが小さい業者を選ぶのがおすすめです。

マージンコール

先ほど『ロスカット』のお話をしました。

ロスカット同様FX業者によってマージンコールの基準は異なりますが、ロスカット(強制決済)が近づいてきたらお知らせしてくれる機能です。

常に相場の状況を見ているわけにはいきませんので、ロスカット前にもうすぐ悪い方向へ相場が変動したらロスカットされるよ。とお知らせしてくれます。

お知らせを受ける事ができれば、ポジションの量を減らしたり、追加で入金するなど対処する事ができます。

スワップポイント

スワップポイントとは、2つの通貨の金利差をいいます。

わかり易いように、【1トルコリラ=40円・日本金利:1%・トルコ金利:8%】という状態があったとします。

通貨ペア トルコリラ/円 において、1万トルコリラ所有したとします。

この場合、

1万トルコリラを1年間所有した場合:40万円 × 0.08 = 3.2万円 の利子を受け取る事ができます。

40万円を日本で持っていた場合:40万円 × 0.01 = 0.4万円 の利子を受け取る事ができます。

1万トルコリラを1年間保有した場合、この差 3.2万円 - 0.4万円 = 2.8万円 という利子を受け取る事ができます。

FXの場合、この利子を毎日受け取る事ができます。(※土日分は別の日にまとめて支払われる)

つまり、この例の状態ですと、2.8万円 ÷ 365日 = 約76円/日 という額の利子を受け取る事ができます。

※厳密には76円満額貰えるわけではなく、貰える額はFX業者によって異なります。

このようにFXでは為替差で儲ける以外に金利で儲ける事も可能です。

注意していただきたいのは、1万トルコリラを売りで持った場合は逆に毎日支払いが生じるという事です。

このスワップポイントは、取引通貨ペアやFX業者によって異なるので、長期保有によるスワップポイントでの利益を狙う方は業者選びが重要です。

ただし、スワップポイントによる損益よりも為替変動による損益の方が圧倒的に大きいので、取引する時期によってスワップ狙いができる時期とできない時期があります。

約定

約定とは注文が成立した事です。

売りにしろ買いにしろポジションを持った時、決済した時など取引が成立した事を約定と言います。

約定したものは取消しする事ができません。

スリッページ

スリッページとは、注文したレートと実際に約定したレートの差の事です。

例えば、1$ 112円56銭の瞬間に買い注文を入れたのに、112円57銭で約定される場合などがあります。

この場合のスリッページは『1銭』です。

相場が大きく動いている場合は特にこのスリッページが発生しやすく、その幅も大きくなります。

成行注文を行う際などは、設定によりこのスリッページの値を設定する事が可能で、不利な方向へスリッページが発生した際は約定しないようにする事ができます。

pips

『pip』は【percentage in point】の略称で、『pips』という単位を使う事で、異なる通貨単位を共通の単位で表す事ができます。

例えば、【米ドル/円】の通貨レートが、【1米ドル = 112.463円】⇒【1米ドル = 112.523円】へ動いた場合、

6pips(0.06円 = 6銭)動いた事になります。

【ユーロ/米ドル】の通貨が、【1ユーロ = 1.23456 米ドル】⇒ 【1ユーロ = 1.23486 米ドル】へ動いた場合、

3pips(0.0003米ドル = 0.03セント)動いた事になります。

クロス円の場合

1pip = 0.01円(1銭)

10pips = 0.1円(10銭)

100pips = 1円(100銭)

(米ドル/円・ユーロ/円・ポンド/円・豪ドル/円 など)

クロス米ドルの場合

1pip = 0.0001ドル(0.01セント)

10pips = 0.001ドル(0.1セント)

100pips = 0.01ドル(1セント)

100pips = 1円(100銭)

(ユーロ/米ドル・ポンド/米ドル・豪ドル/米ドル など)

レート幅を表す際に用いたり、今月は10万円勝ったなど金額で言うのではなく、100pips取った!などレート幅で表す方も多いです。

特に自動売買ツールなどでは、金額を言われても入金金額の違いなどにより勝ち負けの金額は当然変わってきますが、pipsで表現されるとどのくらいの損益が出るか予測しやすくなります。

他にも、米ドル/円のスプレッド0.3pips固定!などスプレッド幅をpipsで表現するFX会社さんもあります。

円高・円安

円安とは外国通貨に対して円の価値が低くなる事を言います。

例えばアメリカにおいて『1$の缶コーヒー』があったとします。

為替レートが【1$=100円】の場合、その缶コーヒーは100円で購入する事ができます。

為替レートが変動し【1$=120円】と円安が進んだ場合、その缶コーヒーは1$と価格は変わりませんが、100円では購入できず、120円必要になります。

このように同じ1$という価格の商品を購入するのにより多くの円が必要になる状態へ動くのが『円安』。

逆に缶コーヒーを80円で買える状態へ動く【1$=80円】など、円の価値が上がる事を『円高』といいます。

評価損益

FXにおいては、自分で決済するにせよ強制決済されるにせよ持っているポジションを決済しなければ損益は確定しません。

現在保持しているポジションンの評価損と評価益を合わせたものが評価損益です。

現時点で決済した際の損益を表します。

取引を始める際のアドバイス

操作性や相場感覚を身に着ける

これからFXを始める方がいきなり入金した資産が無くなってしまう可能性のあるような取引をするのはおすすめしません。

もちろん中にはいきなり始めて勝てる方もいらっしゃると思いますが、訳も分からず取引をしてしまい、運悪く悪い方向へ為替レートが動いた場合、パニックになってしまうかもしれません。

買いでポジションを持つ方法、売りでポジションを持つ方法、持っているポジションを決済する方法などツールの使い方をしっかりと理解しましょう。

また取引する通貨の為替レートがどのくらいの幅で動くのか、取引量に対し1pipレートが動いたら日本円でいくらの損益が出るのかなどもしっかりと理解しておきましょう。

デモトレードを利用する

口座を開設するFX会社によって異なりますが、デモトレードを行えるFX会社も多いです。

操作性を覚える前の取引が初めての方は、デモトレードを使ってしっかり操作性をマスターしてから本番取引を行うようにしましょう。

FXの取引ツールを開いて、その瞬間のレートで売ったり買ったりするだけではなく、このレートになったら買う・売るなどの様々な注文方法があるのでしっかりと理解しておきましょう。

一日中、取引ツールとにらめっこしているわけにはいかないので、覚える必要があります。

取引通貨単位の小さいFX会社を使う

デモトレードを行って、FX取引ツールの操作性を覚えたり、レートの動きの感覚を覚えるのは非常に重要ですが、実際に自分のお金を使って勉強するのも重要です。

デモトレードではそれなりに勝つ事ができても、実際に自分のお金を使って取引を始めると、ほんのわずかな利益が出ただけですぐに決済してしまったり、マイナスになると決済できなくなり最終的にロスカットされてしまう方などたくさん見てきました。

『こつこつドカン』などと良く言われるのですが、小さい勝ちをちょこちょこと繰り返し、負けるときは大きく負けてしまう事があります。

少額で良いので、このレートになったら損切りする、このレートになったら利益確定するなど自分のルールを決め、それを実行できるよう鍛えましょう。

SBI FXTRADEは、1通貨から取引が可能なため、少額で練習する方には非常におすすめです。

米ドル/円 の通貨ペアの場合、1通貨は1$のため、例えば1$100円の時に買いポジションを持ったとして、短期間でそこまで落ちる事はほぼ無いですが、1$50円に下落した場合、『50円の損失』で済みます。

あまりに少額すぎても、メンタルの訓練にならないかもしれませんが、10通貨、100通貨と増やせば少額で良い練習になると思います。

SBI FX


イベント日程を把握する

為替レートは様々な要因で変動しますが、その1つに重要な指標の発表などがあります。

代表格として、米国雇用統計があります。

米国の雇用情勢を調べた景気関連の経済指標で、原則、第一金曜日に発表されます。

発表される時間に為替レートが大きく動く事も多いのですが、私は何もしらず、第一金曜日にFX取引を始め、ポジションを持ったままお風呂に入って出てくると、その間に雇用統計の発表があったようで、いきなり20万円マイナスになっていました。

様々なイベントの発表の日程などを把握しておく事は非常に重要です。

イベントで勝負するのも良いですし、値動きが大きく恐い方は、イベント前にポジションを決済してしまうのも1つの手です。

記事作成日:2021.02.19