入金不要(0円)で人気のIPO抽選に申し込める証券会社

入金不要で抽選

IPOとは

IPO(Initial Public Offering)とは、日本語で表すと新規公開株新規上場株式の事で、 証券取引所に上場して誰でも株の売買を行う事ができるようにする事を言います。

以前からIPO株は存在していますが、インターネットの普及により情報が広がり近年ではもの凄い人気です。

人気の理由は、銘柄や市場の状態にもよりますが、初値が高騰する事も多く(※公開価格を下回る場合もあります)、 ローリスクで短期間で利益を狙えます。

そのため、申込が殺到し抽選に当選した方だけが購入する事ができる場合がほとんどです。

他にもPO(Public Offering)というものがあり、日本語で表すと公募の事で、 既に上場している企業が新たに発行する株式や既に発行された株式を売り出す事を言います。

IPOとPOを間違えないよう注意して下さい。

IPO・PO共に市場価格ではなく、決められた価格で販売されるという点は同じではありますがPOには以下のような特徴があります。

POの特徴

割引価格で株が買える

増資による企業活動の拡大に期待できる

既に上場しており情報開示されているため会社の業績が把握し易い

PO銘柄の株価は短期的には下がる事がある

ここではPOについて詳しく解説はしませんが、初値が高騰する可能性の高い『IPO』に対し、『PO』は発行株数が増えるため1株あたりの利益が減る事になり株を売りたい人が増えるなど株価が下がりがちです。

POが評価され株価が上がる事もありますし、割引価格で株が買えるため十分なメリットも存在しますが、IPOのような高騰はあまり期待できません。

現状、当選できればラッキーという程簡単には当選できない『IPO』ですが、少しでも当選の確立を上げるために、資金が十分にない方でも抽選を受けられる方法を今回はご紹介したいと思います。

資金不要(0円)で抽選を受けられるメリット

当然、抽選に当選した場合はIPO株を購入する資金が必要ですが、多くの証券会社は抽選に参加する時点で証券口座に当選時に購入できる資金を入れておかなければいけません。

ところが、一部の証券会社は抽選に当選した後に購入資金を入金すれば良いという方法をとっています。

01複数証券会社から抽選に参加できる

例えば、仮条件の上限が3,000円の新規公開株があったとします。

1口100株で1口申し込んだ場合、必要な資金は30万円です。

手元に50万円の資金がある場合、通常は1つの証券会社からしか抽選を受ける事ができません。

しかし、当選後に入金でOKであれば複数の証券会社から抽選を受ける事ができます。

02複数銘柄の抽選に参加できる

同時期に複数の銘柄が新規上場する事も良くあります。

ある一つの銘柄の抽選に申し込むと一定期間資金は拘束されてしまいます。

そのため、他に資金が無ければ抽選結果が出て拘束が解かれるまでは他の銘柄の抽選に申し込む事ができません。

ですが、当選後の入金OKであれば同時期に上場する複数銘柄の抽選を受ける事も可能です。

資金不要(0円)で抽選を受けられる証券会社

それでは、実際に資金不要(0円)でも新規公開株の抽選を受けられる証券会社をご紹介したいと思います。

あくまでも抽選時に入金が不要なだけであって当選した際はお金が必要になるので勘違いのないよう注意して下さい。

野村證券

この後ご説明しますが、主幹事・幹事になる事の多い大手証券会社の1つの野村證券は、資金不要でIPOの抽選を受けることができます。

そのため、野村證券に証券口座を開設しておくと多くの銘柄の抽選を受ける事が可能です。

しかし、またまた後程ご説明しますが、ネット申込のIPO抽選への分配率は10%程度とあまり高くありません。

それでも、登録しておくべき証券会社だと思います。

野村證券口座開設ページへ

岡三オンライン証券

岡三証券と岡三オンライン証券は区別して考えてください。

岡三オンライン証券はネット取引に特化しており手数料も安めです。

IPOの分配率としては少し変わったステージ制を採用しています。

簡単に説明すると、判定期間(1月~3月など)3ヶ月の間の手数料が①100万円以上、②10万円以上100万円未満、③10万円未満の3つに分類され、③に該当する人には割り当てられた株数の10%を、①と②にそれぞれ45%分配し抽選する仕組みです。

つまり、岡三オンライン証券に口座を開設し、IPO抽選のみ行っていれば、割り当て株数の10%のみが抽選の対象となります。

なかなかうまい話は無いものですが、それでも維持費等はかからないので口座開設しておくべきではないでしょうか。

岡三オンライン証券口座開設ページへ

SBIネオトレード証券

ライブスター証券からSBIネオトレード証券へ社名が変更されました。

抽選申込時に資金が不要で、100%抽選分配している証券会社はSBIネオトレード証券と新しく始まった『DMM株』だけではないでしょうか。

余剰資金が豊富でない方や、IPOを中心に売買したい方にはおすすめな証券会社です。

SBIネオトレード証券口座開設ページへ

むさし証券

大手証券会社に比べると幹事入りする回数は少ないですが、年々幹事入りする回数も増えているように思います。

こちらも抽選分配率は約10%という状況です。

10%と配分は少ないですが一人一票の完全平等抽選方式のため、抽選に参加すれば平等にチャンスがあります。

当選すればラッキー。

むさし証券の口座も是非開設しておきましょう。

むさし証券口座開設ページへ

エイチエス証券

エイチエス証券の分配率は少し複雑です。

まず、割り当て株数の10%が抽選にまわされます。

そして残りの90%のうちのいくらかが(振り分けは不明)IPOポイントの優待抽選に割り当てられます。

このIPOポイントは取引した際や、イベントに参加したりアンケートに答えることで貰う事ができます。

ここでは深く話ませんが、SBI証券のIPOポイントとは内容が異なり取得方法も違いますし、IPOポイントを使って抽選を受けて落選した場合にポイントを失ってしまいます

詳しい配分はわかりませんが、10% + αで抽選を受けれるので、口座開設し、IPOポイントを貯めて、是非主幹事の時に挑戦してみてはいかがでしょうか。

エイチエス証券口座開設ページへ

いちよし証券

これまで電話での申し込みで不便だったいちよし証券ですが、2018年10月1日よりネットからの申込が可能になりました。

2020年5月に抽選方法が改変され、いちよしダイレクトの配分は全体の1%になってしまいました。(以前は10%)

99%は裁量配分となってしまい資金の少ないネットから申し込む方には厳しい数字になってしまっています。

当選の連絡は引き続き電話で行われるとの事です。

いちよし証券口座開設ページへ

松井証券

2018年9月より松井証券も事前入金不要でIPO抽選に参加できるようになりました。

IPOの抽選配分率は70%以上とかなり良心的な数値ではないでしょうか。

IPOの取り扱い件数もそこそこ多いので作っておきたい証券口座です。

松井証券口座開設ページへ

DMM株

2019年より新しくDMM株においてもIPOの取り扱いが始まりました。

事前入金不要で抽選を受けられる上に、IPOは100%抽選配分という非常に有難い内容です。

まだまだIPOの取扱い件数は少ないですが今後に期待したいと思います。

DMM株口座開設ページへ

主幹事証券会社と引受証券会社

ある企業が上場する際に、上場する際のあらゆる準備を行うのが幹事証券会社です。

公募価格の仮条件の設定なども行うため非常に重要です。

その幹事証券会社が複数ある場合、そのうちの1つの証券会社が代表として主幹事証券会社となります。

他にも、幹事証券会社ではなくIPO株の売出を引き受けて売り出す証券会社を引受証券会社と言います。

これらはどんな証券会社でもなれるわけではなく、主幹事証券会社は資本金が30億以上、引受証券会社は資本金が5億円以上必要などの厳しい条件が定められています。

そのため、主幹事証券会社には大手証券会社がなる事が多く、主幹事証券会社には多くの株式が分配されるため、当選口数は多くなるので、主幹事証券会社へまず抽選申込するのが良いと言われています。

主幹事になる事の多い証券会社

野村證券

SBI証券

みずほ証券

大和証券

SMBC日興証券

この5社でIPO株の大部分の主幹事を独占しているので、先ほどあげた資金不要で申し込みできる証券会社以外にもこの大手証券会社の口座開設は外せないのではないでしょうか。

資金を入金して主幹事証券会社で抽選を受けつつ、事前入金不要の証券会社での抽選も受けるといった方法が良いかもしれません。

分配率

各々の証券会社に割り当てられたIPO株の配分を受けるには2つの方法があります。

抽選配分

これが今回この記事でお話ししている、資金不要で抽選を受けられる証券会社も存在する抽選配分です。

証券会社によって分配率は異なりますが、証券会社に割り当てられたIPO株100%に対し、その10%が抽選分にまわされるといったイメージです。

コンピュータで抽選される事がほとんどではないでしょうか。

裁量配分

もう一つの配分を受け取る方法は、裁量配分です。

証券会社とお付き合い(取引)の長い方や、資金を豊富に持っており手数料をとれる見込みのある方などに対して担当者の裁量で配分されます。

要は言い方は悪いですが、証券会社に利益をもたらしてくれる良いお客様になればという事です。

この裁量配分を割り当ててもらうには、まとまった資金を持っていなければなかなか会社員の方には難しいのではないでしょうか。

トレーダーの方や自営業の方、法人の方には良いでしょう。

しかし、お付き合いがあるという事は結構な頻度で『勧誘』も受けなければいけません。

私の勤めている会社も小さな会社ですが株や投資信託を所有していますが、 証券会社の営業の方がしょっちゅう営業に来ますし、電話も頻繁にかかってきます。

証券会社さんが売りたいのはIPO株ではなく投資信託です。

勧められるがままに購入すると大損してしまう事もあり得る程、いつ何時でもおすすめと言って色々な提案をしてきます。

一時期、勧められた投資信託の価格を全てグラフにしていた時期がありましたが、数十銘柄ものの見事に全銘柄大幅マイナスという恐ろしい結果でした。

大半が一瞬たりともプラスになる事無くです。

もちろん上がる銘柄もある時はあるのですが、私の経験上では凄く稀で、上がると、だから言っただろという感じで、結構頭に来ます。

もちろん、証券会社や担当者によっては色々アドバイスしてくれたりと良い面もあります。

一つ言えるのは、担当者の当たりはずれが結構あると思います。

ただ、あれは裁量配分だったのかな?と思えるIPO当選もあったので、それなりの資金がある方は、証券口座にまとまったお金を入金すると、営業の方から連絡があるかもしれません。

注意事項

上にあげた資金不要で抽選を受けられる証券会社さんですが、抽選を受ける際に注意していただきたい事があります。

重複申込不可な証券会社

複数の証券会社から同一銘柄に申し込めば、当選確率は上がりますが、他社であっても重複銘柄への抽選申込を禁止している証券会社さんがあります。

重複銘柄への抽選禁止証券会社

エイチエス証券

マネックス証券

いちよし証券

むさし証券

罰則があるという話は聞きませんが、重複は避けた方が良いでしょう。

手続きの際に重複していない事を確認する項目があるため嘘をつく事になってしまいます。

購入手続き期間に注意

IPO株は、申込期間・当選結果・購入とスピーディーに進んでいきます。

当選結果の通知方法も証券会社によって違いますし、当選後入金のタイミングも早ければ翌日の15時といった場合もあり、幸運にも当選したのに、入金が間に合わず辞退扱いになってしまう場合もあります。

その銘柄が高騰してしまったら悔やんでも悔やみきれません。

抽選申込を行う際は、当選通知の方法やタイミング入金期限などしっかりと確認しておきましょう。

辞退した際のペナルティ

余程の事がない限り、現状IPO株で大量当選という事態は発生しないとは思いますが、1口購入分の資金しかないのに2口当選したという事態は考えられなくはないと思います。

また、急な出費で購入する余裕がなくなる可能性も考えられます。

その場合、当選しても辞退する事になるのですが、辞退した場合にペナルティを課す証券会社さんも存在しますので、特に複数申し込む際は、ペナルティに関しても調べておく事をおすすめします。

記事作成日:2021.03.13