なんでAmazonゴールドカード作らないの?

Amazonゴールドカード

Amazonゴールドカードのメリット

挑発的なタイトルで申し訳ないです。

既にAmazonゴールドカードをお持ちの方や、Amazonプライム会員に興味の無い方は今回はゴメンなさい。

私は良くネット通販で買物をするのですが、楽天市場で買物をする事が多く、楽天カードをメインに使っていました。

楽天カードは、年会費無料ですし、何よりポイントが貯まりやすく非常にオススメな1枚で多くの方が持っているかと思います。

私はネットで買い物をする際、楽天市場・Amazon・Yahooショッピングの3つは最低でも値段の比較を行って安い所で購入するのですが、Amazonが最安値な事が非常に多くなってきました。

もちろん購入する商品のジャンルによっては、Amazonが最安値ではなかったり、取扱いが無かったりもしますが、PC関連商品や家電製品等はもうAmazon一択に近いくらいになってしまいました。

そうなって来ると、欲しいのは楽天ポイントよりAmazonポイント

ほぼ実質負担なく、Amazonゴールドカードを所持する事ができ、ゴールドカードの特典も受ける事ができるので、Amazonゴールドカードを作る事にしました。

※Amazonプライム会員が不要な方には加入メリットが小さいです。

Amazonゴールドカードのメリット

Amazonでのお買い物で2.5%のポイント還元

Amazon以外の利用でも使い勝手の良いAmazonポイントで1%のポイント還元

ポイントはアカウントに自動加算され交換の手間が無い

2年目以降は500円割安にAmazonプライム会員特典を利用できる

空港ラウンジの無料利用が可能

海外旅行傷害保険:最高5,000万円

国内旅行傷害保険:最高5,000万円

お買物安心保険:年間300万円まで

大きなメリットとしては、

Amazonでのお買い物で2.5%のポイントが貰える

プライム会員費よりもお得にゴールドカードを持つ事ができる

の2点です。

Amazonゴールドカードを発行し、Amazonでのお買い物の決済に使う事で、『2.5%』のAmazonポイントが貰えるため、非常にお得です。

他のカードではそこまでの料率はないのではないでしょうか。

Amazonプライム会員になっている方や、興味のある方は、普通にプライム会員になるよりも、Amazonゴールドカードを発行してプライム会員になった方が支払金額が安くなる可能性が高いです。

プライム会員特典

Prime Video

Prime Music

Prime Reading

Amazon Photos

プライム限定価格

先行タイムセール

配送特典(送料無料・お急ぎ便無料など)

Amazonフレッシュ

Prime Delivery

プライム・ワードローブ

ここでは細かい説明は省略しますが、上記のような様々なサービスがプライム会員になる事で利用可能です。

年会費の実質負担が無い理由

ただプライム会員になるよりも、Amazonゴールドカードを所持した方がお得になる理由をご説明します。

この現象は、2019年4月にAmazonプライム会員の年会費が、3,900円 ⇒ 4,900円に値上がりしたために起こりました。

Amazonプライム会員になった場合

ただAmazonプライム会員になった際は、4,900円の年会費がかかります。

様々なサービスが利用でき、動画視聴などもでき、他の動画視聴サービスと比較すると十分安い金額です。

Amazonクラシックカードを作った場合

Amazonクラシックカードを発行しても、プライム会員費に変わりは無く、4,900円の年会費がかかります。

カードの年会費は、初年度無料。

翌年以降も年に一度でもカードを利用すれば、カードの年会費はかかりません。

一度も利用が無い場合は、1,375円の年会費がかかります。

AmazonクラシックカードでAmazonでお買い物をすると、『2%』のポイントを貰う事ができます。

Amazonゴールドカードを作った場合

年会費 11,000円 (Amazonプライム年会費込)

マイ・ペイすリボ選択で -5,500円

WEB明細書割引で -1,100円 (次年度から)

つまりは、

初年度:11,000円 - 5,500円 = 5,500円

翌年以降:11,000円 - 5,500円 - 1,100円 = 4,400円

初年度こそ、600円割高ですが、翌年からはゴールドカードが持てるにもかかわらず、普通にAmazonプライム会員になるよりも500円安くAmazonプライムを楽しむ事が可能です。

さらに、Amazonゴールドカードを使ってAmazonでお買い物をすると、『2.5%』のポイントが付与されます。

Amazonゴールドカードの注意点

01マイ・ペイすリボは必須

先ほどお話した、年会費11,000円から5,500円の割引を受けるためには、『マイ・ペイすリボ』の設定をする必要があります。

これは、『リボ払い』の設定です。

リボ払いだと、年間15%近くの手数料が取られてしまい損をするじゃないかと思うかと思います。

このリボ払いですが、1月に設定した金額以上使った場合にリボ払いになるという仕組みのため、設定金額を100万円など絶対に越えない金額にしておけば、通常の1回払いと変わらず口座から引き落とされ手数料を取られる事はありません

カードの発行申込時には、100万円などは設定できない(私が申込んだ際は上限3万円)仕組みであったため、カードが届いたら設定の変更を忘れないよう気を付けて下さい。

設定の変更を忘れて、設定額を越えるお買い物をしてしまうと、無駄な手数料を支払うはめになってしまいます。

私も現在、『100万円』を設定しています。

02WEB明細書割引は6回以上の請求が必要

クレジットカードの取引明細の郵送を行わず、WEB明細にすれば、年間1,100円の割引を受けられるのですが、注意点があります。

年間6回以上の請求月が必要という点です。

月に1回以上カードを使う月が6ヶ月以上なければ割引を受けられませんのでご注意下さい。

初年度にこの割引が受けられないのは、6ヶ月経つ前にカード年会費の請求が来るためです。

毎月の固定費などの支払いにAmazonゴールドカードを設定しておけば、6回以上の使い忘れが無いかもしれません。

03まずはクラシックカードから申し込むとお得

Amazonのクレジットカードは、クラシック・ゴールドにかかわらず一人1枚しか発行する事ができません。

クラシックカードであれば、入会特典としてポイントを貰えますが、何故かゴールドカードは入会特典のポイントがありません。

そのため、面倒ではありますが、一度Amazonクラシックカードを発行し、その後ゴールドカードへ切り替える手続きを取れば、入会特典のポイントを貰う事が可能です。

時期によって貰えるポイントは変動するかもしれませんが、5,000P・7,000Pとそこそこのポイントを貰えるため、是非クラシックカードから発行してみましょう。

04発行対象者

Amazonクラシックカードであれば、発行対象者は、『高校生を除く18歳以上の方』であるため、審査はそれ程厳しくないかもしれません。

それに対しAmazonゴールドカードは、『原則として満20歳以上の方でご本人に安定継続収入のある方』とあるため、場合によっては審査に受からない場合もあるためご注意ください。

05プライム会員費の返金

既にプライム会員で、支払ったプライム会員費がもったいないと思われる方もいらっしゃるかと思います。

ゴールドカード作成はタイミングをみてからという心配は不要です。

既に年会費を払ってプライム会員になっている方が、Amazonゴールドカードを作成した場合、プライム会員年会費の差額分は返金されます。

06カードブランドはMasterCard一択

日本国内では、『VISA』・『Master』・『JCB』が有名で、クレジットカードを作成する際、選択できる事も多いかと思いますが、AmazonのクレジットカードはMasterCardのみです。

Masterカードが使えないという事はほとんど無いかと思いますが、『VISA』や『JCB』が良いという方は、選択できませんのでご注意下さい。

最後に

若干の工夫は必要ですが、Amazonプライム会員に入る方には、非常におすすめな1枚ではないでしょうか。

もちろん、Amazonのカードよりも他のカードの方がメリットが大きいという方もたくさんいらっしゃるかとは思いますが、『年6回の請求月』を達成できるのであれば、Amazonプライム会員に加入する方であれば、Amazonでのお買い物だけでもAmazonゴールドカードで支払えば『2.5%』という大きなポイント還元が受けられます。

また、Amazon以外のお支払いでも『1%』のポイントがつくため、還元率はそこそこ高いのではないでしょうか。

また、ポイントへの交換の手間がなく、直接Amazonポイントが加算されるため、とても使いやすいのです。

AmazonポイントはAmazonでのお買い物以外に使い道が無いため、あまりAmazonでお買い物をされない方にはデメリットとなるかもしれません。

ほとんどのゴールドカードは年会費がかかり、ちょっとしたステータスになるゴールドカードを持てるのもちょっぴり嬉しいものです。

飛行機などに乘られる方で、ラウンジ無料特典の付いているカードを持っていない方なども嬉しい特典が付きます。

私は飲食店をやっているため、よくクレジットカードの決済を行うのですが、未だにお客様からAmazonゴールドカードを出された事がありません。

何故なのか・・・と思っています。笑