ファンクションキーの設定変更方法(Windows10)

ファンクションキー

ファンクションキーの役割

キーボードには、様々なショートカットキーが存在します。

最も有名なのは、『Ctrl + C』のコピー、『Ctrl + V』のペースト(貼付け)などではないでしょうか。

上のようなショートカットキーは使われている方はもの凄く多いかと思います。

他にも様々なショートカットキーがあり、私も全てを把握しているわけではありませんが、色々なショートカットキーを使います。

その中で『ファンクションキー』も様々な役割があります。

PCによって異なる役割

お使いのPCやキーボードによってファンクションキーの役割は様々で、全てのPCで統一されていない機能もあります。

私が現在この記事を打っているノートパソコン(ThinkPad)のキーボードです。

ThinkPadキーボード

F1 ⇒ 消音
F2 ⇒ 音量を下げる
F3 ⇒ 音量を上げる などのショートカット機能が設定されています。

acerキーボード

上写真は、acerのノートパソコンのキーボードです。

先ほどは、『F1』に割り当てられていた『消音』が『F8』に割当てられていますし、音量の上げ下げは見当たりません。

このようにPCによって、ファンクションキーのショートカットの役割が異なる場合があります。

このPCによって違う設定がなされているものをマルチメディアキーと呼んだりします。

PC間で共通のショートカット役割

その一方でPCが違っても共通のショートカットも存在します。

例えば、ファイルの名称を変更したい場合、『ファイル右クリック ⇒ 名前の変更』という手順でファイル名を変更する方法があります。

名前の変更

これをファンクションキーを使って変更する場合、『ファイルを選択状態にする ⇒ 【F2】ボタン押下』する事でファイル名を変更する事ができます。

他にも、例えば『あいうえお』と入力した編集中の状態から

あいうえお

『F7』を押下

全角カタカナに変換されます。

全角カタカナ

『F8』を押下

半角カタカナに変換されます。

半角カタカナ

『F10』を押下

半角英数字に変換されます。

半角英数字

このように、様々な便利なショートカットが用意されています。

今回あげた例は、設定を操作していない場合のデフォルトの設定で、自分の好みに合わせてカスタマイズする事も可能です。

役割の反転

先ほどのキーボードの写真をもう一度見てみましょう。

ThinkPadキーボード

上の写真では、『F2』には音量を下げるショートカットが設定されています。

一方で、先ほどファイル選択状態で、『F2』ボタンを押下する事で『ファイル名の変更』ができると記載しました。

ファンクションキーの役割には2つの面があり、例えば『F2』を押すと音量が下がる場合、『Fn + F2』を押す事でファイル名の変更のショートカットが働きます。

現状

F2 ⇒ 音量を下げる

Fn + F2 ⇒ ファイル名変更

設定を変更して、反転させる事で、

反転後

F2 ⇒ ファイル名変更

Fn + F2 ⇒ 音量を下げる

のように利用する事が可能です。

ファンクションキーが思い通りの動作をしない場合は、Fn + ファンクションキーを押してみましょう。

そうすれば、期待通りの動きをするかと思います。

ファンクションキーの反転方法

先ほどご説明した、

現状

F2 ⇒ 音量を下げる

Fn + F2 ⇒ ファイル名変更

反転後

F2 ⇒ ファイル名変更

Fn + F2 ⇒ 音量を下げる

といった具合に設定を反転させる事が出来るのですが、この反転方法はPCによって異なります

PCのメーカーや機種によって異なる場合があるため、調べるのが厄介な場合があります。

いくつか方法を記載しますので、うまく反転しない場合は、いくつかの方法を試してみて下さい。

方法①

Fn + Esc

PCによっては、『Fn + Esc』を同時に押す事で、設定を反転させる事が可能です。

私の【lenovo ThinkPad L540】はこの方法で反転する事ができます。

会社のDELLのノートパソコンでもこの方法で、ファンクションキーとマルチメディアキーを反転させる事ができました。

方法②

【方法①】で変更できない際は、BIOSから設定変更する事で、反転させる事が出来る場合があります。

またまた厄介な事にPCによってBIOSの起動方法が異なります

またPCによってBIOSの画面デザインは異なる可能性が高いです。

【方法①】では変更する事の出来なかった所持しているacerのノートパソコンでBIOSを起動し、反転させてみました。

PCを起動または再起動し、メーカーロゴが出たタイミングで『F2』を押す

立ち上がったBIOS画面の Main ⇒ Function Key behavior を変更

という手順で変更する事が出来ました。

PCやメーカーによって文言が違う可能性が高いため、お持ちのPCで似たような文言を探してみて下さい。

ファンクションキー割当確認・変更

ファンクションキーの設定をカスタマイズする事で、自分のわかりやすい好きなような動作に変更する事が可能です。

また、設定画面を開く事で、ファンクションキーに設定されている役割を確認する事も可能です。

カスタマイズや、現状の設定の確認方法をご紹介します。

Windows 10 May 2020 Update(Windows 10, version 2004)によって、『Microsoft IME』は新バージョンにアップデートされており、新しいバージョンではカスタマイズ等ができなくなっているようです。

まずは、タスクバー上の『あ』や『A』と表示されるIMEの表示を右クリックしてみましょう。

IME

そこに、『プロパティ』という項目があれば、古いバージョンを利用しているため、カスタマイズ可能です。

『プロパティ』という項目が無い場合は、古いバージョンに戻す必要があります。

古いバージョンへの戻し方

『あ』や『A』と表示されるIME表示を右クリックし、『プロパティ』という項目が無い場合は、『設定』をクリックします。

設定クリック

全般』をクリックします。

全般クリック

以前のバージョンのMicrosoft IME を使う』をオン(右側へ)にします。

以前のバージョンのMicrosoftIME

その後、設定を閉じます。

この時、PCの再起動など必要ありません。

確認・変更方法

『あ』や『A』と表示されるIME表示を右クリックし、『プロパティ』をクリックします。

プロパティ

詳細設定ボタン』をクリックします。

詳細設定

変更ボタン』をクリックします。

変更

ファンクションキーを含む様々なショートカットキーの設定内容が表示されます。

設定内容

割り当てられた設定の確認や、新しいショートカットキーの登録や編集、削除などを行う事ができます。

新バージョンへの戻し方

古いバージョンへバージョンダウンしたけれども、やっぱり新しいバージョンに戻したいという方もいらっしゃるかもしれません。

古いバージョンへ戻すと、『あ』や『A』と表示されるIME表示を右クリックしても、『設定』という項目は無くなってしまうため、逆の手順で新バージョンに戻す事はできません。

戻す方法を記載しておきます。

スタートボタン(Windowsマーク)をクリックして『設定マーク』をクリックします。

設定クリック

時刻と言語』をクリックします。

時刻と言語

『言語』タブ内の日本語内の『オプション』をクリックします。

オプション

Microsoft IME 配下の『オプション』をクリックします。

オプション

全般』をクリックします。

全般

以前のバージョンのMicrosoft IME を使う』をオフ(左側へ)にします。

以前のバージョンオフ

PCでの作業を効率的に行うために、ショートカットキーの利用はとても役立ちます。

色々なショートカットキーを調べて、使えそうなショートカットキーは積極的に使っていきましょう。

記事作成日:2021.04.30