windows10アップデートで消えたコントロールパネルの表示方法

コントロールパネルを探す

記事関連ワード

コントロールパネル 消えた 見つからない 表示 方法 windows10 アップデート

はじめに

OSはWindows10という人もずいぶん多くなってきたと思います。 Windows10OSは、今後新しいOSに変わる事がなく、Windows10というOSのまま日々アップデートが行われていくという事で、 OSのサポートの終了による買い替えをしなくて良いというメリットを受ける方もたくさんいらっしゃるとは思います。

その反面、頻繁に煩わしいアップデートが行われ、更新により作業時間が奪われたり、PCが重くなってしまったり、使い勝手が変わってしまったりと不便な点も多いように思います。

仕事場も家でも光回線をつないでいるので普段は問題ありませんが、出張先で容量制限のあるモバイルルーターで通信を行っている際にアップデートがかかると、通信量がくわれ一発で速度制限がかかってしまいます。

また、最近は私の知り合いにも多いのが固定回線は引かずに、スマートフォンの通信回線でテザリングを使ってPCを使用しているという方も多いです。

セキュリティに関する更新は必要だと思いますが、使い勝手の変わる変更や数Gの容量の多い更新が頻繁に行われるのは、私はどうかと思います。

何とかうまい事、セキュリティやバグに関する更新以外はユーザーが選びながら簡単にアップデートできるようになればなと思います。

前置きが長くなってしまいましたが、今回は、これまで『Windowsマーク右クリック ⇒ コンントロールパネル』で表示していた(私は)コントロールパネルがアップデートによって消えてしまい、 表示方法がわからなくなってしまったため、表示方法を載せておきたいと思います。

windows10アップデートで消えたコントロールパネル

これまでは、『Windowsマークを右クリック』すると下図のようなものが表示され、その中にあるコントロールパネルという文字をクリックして、 コントロールパネルを開きPCの設定を変更していました。

windowsマーク右クリック
しかし、現在はWindowsアップデートにより、上図のように【コントロールパネル】の文字は消えてしまいました。

表示は消えてしまいましたが、コントロールパネルの機能が消えてしまったわけではありません。

この消えてしまったコントロールパネルを表示する方法をいくつかご紹介したいと思います。

スタートメニューから開く

コントロールパネルを開く場所
Windowsマークをクリックし、スタートメニュー画面を表示する。
Windowsシステムツールを展開し、その中のコントロールパネルをクリックする。

元からこの場所にあったのかどうかはこのような開き方はしていなかったためわかりません。

たまにしかコントロールパネルを開かない方は、この方法でも良いと思いますが、頻繁に開く方は、

コントロールパネルをピン留め
スタートにピン留めタスクバーにピン留めするとすぐに開けて便利かもしれません。

ファイル名を指定して実行から開く

Windowsマークを右クリック
ファイル名を指定して実行をクリック
control.exeと入力しOKボタンをクリックする

control.exe
ちなみに私はこの方法で表示しています。 一度、入力してしまえば次回からは【control.exe】を選ぶだけなので、結構早くコントロールパネルを開く事ができます。

デスクトップにショートカットを作成する

①デスクトップの何もない所で右クリックし、個人用設定を選ぶ
②表示された画面ん左側のテーマをクリック
③右側に表示されたデスクトップアイコンの設定をクリックする
④表示された画面内のコントロールパネルにチェックを入れる
適用ボタンをクリックする

コントロールパネルショートカット作成
上記作業を行うと、デスクトップにコントロールパネルへのショートカットが作成されます。
※このチェックボックスを付けたり外したりすると、デスクトップ上のファイルやショートカットの位置がずれるので注意してください。

記事作成日:2017.08.25

Facebookへ Twitterへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加