windows10のwindowsUpdate方法

windowsUpdate

記事関連ワード

windows10 windowsUpdate 更新 方法 どこ

はじめに

windows10にOSが変わってもうずいぶんと経つのですが、設定の変更などする際に探し回る事がまだまだ多いです。

以前、消えたコントロールパネルの表示方法の記事を書きましたが、 windows7の際は、コントロールパネル ⇒ コンピュータの状態を確認 ⇒ Windows Update といった流れで更新できていたのですが、 windows10では場所が変わってしまっています。

もちろん、設定を特にいじっていなければ、シャットダウン時や再起動時に自動で更新してくれるのですが、PCによって更新の通知タイミングが違ったり、 更新中は作業が中断してしまうので、PCを離れる際にWindows Updateをやっておきたいなど、場合によっては通知前に手動で更新したいタイミングもあると思います。

Windows10のWindows Update方法

前置きが長くなってしまいましたが、Windows10のWindows Update方法です。

まず、『Windowsのマーク』をクリックし、表示された画面(下図)の赤丸で囲った設定のマークをクリックします。

設定

次に、表示された『Windows設定』内の更新とセキュリティをクリックします。

Windows設定

そうすると、WindowsUpdateの画面が開きます。

WindowsUpdateの画面

最後に

Windows10に変わり、OSが変わるという事はなくなり、性能面で問題が出て来ない限りOSを使い続けられるのは非常にありがたいですが、毎月の更新は結構煩わしいです。

しかし、更新には新機能はもちろんですが、バグの修正やセキュリティ関連の更新なども含まれるので、必ずアップデートするようにしましょう。

OSのサポート終了期限はなくなり、Windows11に変えなければならないといった事態は今のところ発生しない状況ですが、 同じWindows10であっても、その中のバージョンにサポート期限は存在します。

更新を長い間サボっていると、Windows10であってもサポート期限切れの状態となり、思わぬ不具合を生みかねませんので、 必ず定期的にアップデートしましょう。

記事作成日:2018.04.13

Facebookへ Twitterへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加