更新時エラーの多いJavaの手動更新方法

Javaアップデート

記事関連ワード

Java 更新 エラー 手動 アップデート

はじめに

PCを起動すると、Javaの更新をうながすメッセージが表示される事が良くあります。

問題なく更新できる時は良いのですが、表示されたメッセージをクリックしても無反応だったり、更新がある時に表示されるバー内のJavaのアイコンをクリックしても無反応だったり、 更新が失敗したりと結構頻繁に上手く更新できない事態が発生し、イラっとさせられる事が多いです。

ログを見たりして細かく原因を調べて行けば良いのですが、それも結構めんどくさいものです。

更新が上手くできない時でも手動で更新すれば上手く更新される事が多いので、今回は手動でJavaをアップデートする方法を書いていきたいと思います。

※Windows10での更新方法を記載しています。

Javaの手動更新手順

コントロールパネルを開く
まずは、Windows10ではわかりやすい所から消えてしまったコントロールパネルを開きます。

Windowsマーク右クリック時の画像
まずは、Windowsのロゴマークを右クリックし、『ファイル名を指定して実行』をクリックします。

ファイル名を指定して実行
表示された部分に『control.exe』と入力し、OKをクリックします。 これでコントロールパネルが表示されます。

Javaを開く
上記手順で表示されたコントロールパネルの表示方法を大きいアイコンに変更すると、『Java』という項目が表示されるので、 『Java』をクリックします。

コントロールパネル

すると、Javaの操作ができる画面が表示されます。

手動でJavaを更新
表示されたJavaの操作画面のタブの『更新』をクリックします。

Java操作画面

表示された画面に、今すぐ更新というボタンがあるので、更新ボタンをクリックすると更新が始まります。

これでも更新できない場合は、更新できる時をひらすら待つか、原因を探す作業をしなければいけません。

それぞれのPCで環境は違うとは思いますが、問題なく手間なく更新できるように頑張ってもらいたいものです。

最後に

私はいつも更新失敗した際はしばらく放置して、いつの間にかできるようになるのを待っている事が多かったのですが、 この手動更新の方法を始めてからは、今のところ失敗なく更新が完了しています。

失敗する原因は、各々のPCの環境によって違うので、なかなか調べるのがめんどくさく、普段ログなどを見ない方には敷居が高いですし、 ログを見てもどうして良いかわからない事もあります。

この方法は一度覚えてしまえばそう時間がかからないと思いますので、是非一度試してみてください。

記事作成日:2018.07.31

Facebookへ Twitterへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加