楽天市場でのお買い物で費用をかけずに多くのキャッシュバックを受ける方法

楽天ポイント

記事関連ワード

楽天市場 ポイント アップ 多く 貰う

はじめに

あまりにも有名な楽天市場。お買い物をすると数%のポイント(楽天スーパーポイント)が貰えるというのはご存知かと思います。

お買い物マラソンや、イベントなどで普段よりも多くのポイントが貰える期間にまとめてお買い物できればより多くのポイントが貰えてお得ですが、早く欲しくてイベント期間を待っていられない場合や、すぐに必要なものを購入する場合もあるかと思います。

今回は、イベントなどの期間限定で多くの楽天スーパーポイントを貰う方法ではなく、普段のお買い物で簡単にできる限り多くのポイントを貰う方法を書きたいと思います。

楽天市場のポイントアップ方式

まずは楽天のサイトに載っているポイントアップの仕組みを理解して、もらえる楽天スーパーポイントを5%まで確実に持って行きましょう。

楽天市場で買い物をする
これは説明の必要はないと思います。ユーザ登録をして楽天市場でお買い物をすれば、お買い物金額の『1%』の楽天スーパーポイントを貰うことができます。

楽天カードを使って決済する
楽天市場でのお買い物の決済を楽天カードで行えば、お買い物金額の『3%』の楽天スーパーポイントを貰うことができます。

カード決済が嫌いな方もいらっしゃいますが、楽天カードがないと3%という大きなポイントを貰う事ができませんので、是非楽天カードを作りましょう。

楽天カードはどなたでも発行できるというわけではありませんが、比較的審査が厳しくないカードです。 また、年会費無料な上にカードを発行すると楽天スーパーポイントを数千円分貰えるといった大盤振る舞いです。

楽天カードは、審査が甘いためステータスにはならず、会計時に楽天カードを出すとかっこ悪いなどの意見も良く聞きますが、楽天市場の買い物の際はカードを掲示する事もないため、特に気にしなくて良いのではないでしょうか。

私は特にそんな事を気にしないですし、あまり多くのクレジットカードを持ってもポイントを集約できないのでほとんどの買い物に楽天カードを使用しています。

一つ注意していただきたいのは、楽天カードは基本的に一人一枚しか持つ事ができないという事です。 家族カード等を発行すれば複数枚持つ事も可能ですが、基本的には1枚です。

そのため、VISA・MASTER・JCBの3種類のブランドのカードの発行が可能ですが、ブランドを変えるには一度カードを解約し、再度発行手続きをしてクレジットカードの番号が変わってしまうという恐ろしくめんどくさい事態になりますので、良く考えてからブランドを決めて発行しましょう。

私のおすすめは、『JCB』です。セブンイレブン等で『nanaco』を利用される方は、JCBブランド限定で、クレジットカードを使ってチャージするとチャージ額に対して楽天スーパーポイントを貰うことができます。 VISA・MASTERではチャージはできますが、ポイントを貰う事ができません。

ただし、VISAブランドは国内でクレジットカードの使える所であればほぼ使えると思いますが、JCBブランドは使えない場合もあるので、注意してください。


楽天市場アプリで買い物をする
上記方法で『4%』のポイントを貰っている方は多いと思います。楽天市場のアプリで買い物をすると、さらにお買い物金額の『1%』の楽天スーパーポイントを貰うことができます。

注意していただきたいのは、『毎回楽天市場アプリで買い物をするわけではない』ということです。楽天市場アプリを使うのは『月1回』で良いです。

例えば、同じ月の『7日』と『23日』に買い物をしたとします。7日の買い物は、PCから購入し、23日の買い物は楽天市場のアプリから購入したとします。 そうすると、7日の買い物分にも、23日の購入分にも『プラス1%』分の楽天スーパーポイントが加算されます。

楽天市場 ショッピングアプリ いつでも毎日ポイント7倍!
楽天市場 ショッピングアプリ いつでも毎日ポイント7倍!
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted with アプリーチ


楽天イーグルス・ヴィッセル神戸勝利
楽天ヴィクトリーニュースに登録していると、楽天イーグルスかヴィッセル神戸が試合に勝つとメールが届きます。 メールからエントリーすると、試合に勝った翌日の買い物限定でポイントが1%加算されます。両チーム勝利すると2%加算されます。

毎回とはいきませんが、急がない買い物をされる際は、両チームが勝つ日まで待ってみてはどうでしょう。

5の倍数の日を狙う
最近、5の倍数の日(5日・10日・15日・20日・25日・30日)にプラス『2%』のサービスが開始されました。

Yahoo!ショッピングが5のつく日にポイント5倍などのイベントをやっているので、対抗したのでしょうか。

楽天市場への出店者さんの負担がどのようになっているかはわかりませんが、買い物する側からすると有難いですね。

こうなると、5の倍数の日にしか買い物できません。笑

楽天プレミアム・ゴールドカードを作る
ここからは費用がかかるので、読み飛ばしていただいてかまいません。楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードを作り買い物をすると1%加算されます。

楽天ゴールドカードの発行には、『年間2,160円』、楽天プレミアムカードの発行には『年間10,800円』の費用がかかります。 空港のラウンジを利用したい方や、『1%が2,160円を上回る方』⇒『年間216,000円以上の買い物を楽天市場でされる方』は加入した方がお得です。

楽天モバイルを利用する
楽天スーパーポイントを1%多く貰うために楽天モバイルに変更する方がどのくらいいらっしゃるかわかりませんが、楽天モバイルユーザーは『1%』加算されます。

格安SIMにご興味のある方は検討されても良いと思います。楽天モバイルは格安SIMの中でも人気上位ですし、キャリアのスマートフォンをご利用中の方は、頻繁に通話をする方でなければ間違いなく毎月の費用が安く抑えられるかと思います。


ポイントサイト経由でもう1%上乗せ

年会費のかかるカードの発行や、楽天モバイルの契約は敷居が少し高いため、除外するとして、楽天市場での買い物(1%)楽天カード決済(3%)楽天市場アプリで買い物(1%)の3つで『合計5%』の楽天スーパーポイントを常に貰う事ができます。

そして、もう1%上乗せする方法があります。それは、ポイントサイト経由で購入する方法です。 ポイントサイトを経由して、楽天市場で買い物をするので、ポイントサイトに登録さえすませれば、ワンアクション追加するだけで『1%』分のポイントを貰うことができます。

ただし、このポイントはポイントサイトのポイントであって楽天スーパーポイントではないので注意してください。 ポイントサイトで貯めたポイントは、現金に交換することができるので、楽天スーパーポイントよりも使い勝手が良いと思います。

私は、このブログを始める前までは、『げん玉』というお小遣いサイトを利用していました。 300円分のポイントから交換可能なため、現金への交換の敷居は低いと思います。


このブログを始めてからは、バリューコマースのバリューポイントクラブを経由して楽天市場で買い物をしています。 変更した理由は正直特にないのですが、ASPを利用しているから。でしょうか。


注意点(コツ)
注意点として、楽天市場アプリとポイントサイト経由の買い物は併用できないという問題があります。

そのため、1月の間に1回のみ楽天で買い物をする際は、アプリで買い物をするか、ポイントサイト経由で買い物をするか好きな方を選べば良いのですが、 月に2回以上楽天で買い物をする際は、必ず金額の安い方をアプリで購入するようにしてください。

例をあげると、同じ月に『1,000円』の買い物と『20,000円』の買い物をしたとします。 1,000円の買い物をポイントサイト経由で、20,000円の買い物をアプリ経由で行うと、

1,000円の買い物・・・楽天P:50P & サイトP:10P
20,000円の買い物・・・楽天P:1000P
計・・・楽天P:1,050P & サイトP:10P

逆にすると、

1,000円の買い物・・・楽天P:50P
20,000円の買い物・・・楽天P:1000P & サイトP:200P
計・・・楽天P:1,050P & サイトP:200P

となり、『190P』分損してしまいます。

最後に

上記方法を使えば、同じ月の2回目以降の買い物は、実質6%貰う事が可能です。 他にも『楽天検索』を使って0.5%加算される方法などもあります。

さらに楽天イーグルスとヴィッセル神戸が勝った日の翌日はエントリーすれば2%加算され8%貰う事が可能です。

しかし、一番ポイントが稼げるのはイベントがある時なので、なるべくイベントを狙いつつ、上記方法も合わせて使っていきましょう。

記事作成日:2017.01.28
記事作成日:2017.10.24

Facebookへ Twitterへ Feedlyへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加