ソースの特定の複数箇所の修正をする際はgrepツールを使うのがおすすめ

grep

記事関連ワード

ソース 修正箇所 一覧 取得 探す grep

grepとは

grepとは、ファイルの中から特定の文字列を検索し、特定の文字列を含む行やファイルを表示するプログラムのことです。

検索すると、正規表現だのなんだのと専門的な言葉が出てきます。昔プログラマーをやっていた頃には正規表現を理解する必要がありましたが、 ブログを書いていて、特定箇所を修正したくてどこに使われているか知りたい。くらいの使い方をするならば正規表現なんて理解する必要はありません。

便利な無料ツールを使わせてもらえば良いのです。

どんな時に使って何ができるの?

ブログ運営中に、とある記事を削除したい。記事のファイル名やサーバーの置き場所を変えたいと思ったとします。 1つ1つのページをチェックして削除・変更したい記事へのリンクを探すのはすごく手間がかかりますし、修正漏れがあればリンク先がないリンクがある事態になってしまいます。

そんな時に『grep』ツールを使うと、特定フォルダ内の全ファイルを対象に検索文字列が含まれているファイル名・行を一覧で取得できます。

1つ1つのページを探す手間も省けますし、修正漏れもなくなりとても便利です。ツールによっては一括置換等も可能です。

こんな時に便利

広告の配信が終了した時
ASP会社から、いついつで広告が終了しますので、サイトから外してくださいの連絡が来ました。 どの記事でその広告を使っているかわからない。そんな場面でもgrepツールを使えば一発で検索可能。

記事削除時のリンク削除
訳あって記事を削除。その記事への内部リンクを全て削除したい。 そんな時にもgrepツール。

スペルミス修正
良く使う単語にスペルミスがあった。他に同じ間違いをしている所はないだろうか。 そんな時にgrepツール。

変な紹介の仕方になってしまいましたが、ブログ記事を作成する作業をしている私でも使いどころはちょくちょく出てきます。

もちろん、ブログなんてやってないという方も、何らかのファイルを扱う方であれば意外にあると便利な時が出てくるかもしれません。

grepツールのご紹介

無料で使えるgrepツールは本当にたくさんあります。今回は『grep』という言葉だけ覚えていただければ、ご自分で簡単にお好きなツールを探すことができると思います。 『grep』という言葉を知らないと、なかなか検索ワードを決めるのが難しいですよね。

本当に高機能で無料なものもたくさんあるのですが、今回は本当にシンプルで使いやすい無料ツールをご紹介したいと思います。 一括置換などの機能も欲しい方は別の無料ツールを探してみてください。

それでは本題に入ります。今回、私が紹介するのは『Grev』という無料ツールです。

VectorのGrevダウンロードページへ

①上記リンクからダウンロードサイトへ行きダウンロード・インストールしてください。

②Grevツールを起動します。

grev起動画面

あとはもう簡単です。

③『探す場所』で検索したいフォルダを選択します。

④『ファイル名』には【*.*】と入力すればフォルダ内の全ファイルを。【*.html】と入力すればフォルダ内のhtmlファイルを対象に検索してくれます。

⑤『含まれる文字列』に検索したい文言を入力します。

⑥あとは任意のチェックボックスにチェックを入れて検索開始ボタンを押しましょう。

⑦右側に検索結果(検索文字列を含むファイル名・行数・箇所)が表示されます。

サブフォルダも検索するにチェックを入れ忘れると、検索漏れが起きるので注意しましょう。

正規表現なんか理解しなくても、簡単に使えてしまいますよね。無料で提供してくださっている方には本当に感謝です。 最初にあげた例以外にも、アフィリエイトをされている方は広告主さんの表記が変わって変更が必要になったり、サイトのデザインの一部を変更する際など様々な場面で使えると思いますので、是非使ってみてください。

記事作成日:2016.11.23

Facebookへ Twitterへ Feedlyへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加