新しくサイトを立ち上げたらすぐにやるべきこと

サイト立ち上げ

記事関連ワード

サイト 立ち上げ すべきこと

サイト新規立ち上げ時にやるべきこと一覧

新しくサイトを立ち上げたら初めのうちからやっておいた方が良いことをご紹介致します。

sitemap.xmlの作成
rss.xmlの作成
Google Search Consoleの登録
Google Analyticsの登録・設置
.htaccessの設置
robots.txtの設置
モバイル フレンドリー テスト
ページ読み込み速度 テスト
SEO対策の勉強

sitemap.xmlの作成

sitemap.xmlは、検索エンジンにサイト内にある全てのページの存在を知らせるものです。 sitemap.xmlを設置することにより、インデックスされていないページがインデックスされたり、インデックスされるまでの時間を短縮させることができます。

特にサイトを立ち上げて間もない方や、サイト内に大量のページがあり、インデックスされていないページが多い方にはおすすめです。

sitemap.xmlを自動で作成してくれるサイトはたくさんあります。 私は、XML-Sitemaps.comというサイトで作成しました。

英語のサイトではありますが、【Starting URL】の欄にサイトのURLを入力し、【Start】ボタンを押せば、すぐに作成できます。 作成したsitemap.xmlはルートディレクトリ直下に置きましょう。

また、他にもsitemap.htmlを設置している方も多いです。sitemap.htmlはsitemap.xmlと違い、サイトを訪れてくれた方がサイト内のページを探しやすいように設置するためのものです。 こちらも先ほどのサイトで作成できますが、あなたのサイトに合ったデザインに修正する必要があります。

サイトマップ
サイトマップの作り方と利用方法
sitemap.xml(サイトマップ)の作り方と設置方法、その他利用方法をご説明します

rss.xmlの作成

ブログを見られている方は、一度はRSSという言葉を見かけたことがあるのではないでしょうか。

例えばあなたにお気に入りのブログがあったとします。ブログが更新されるのは不定期の場合もあるでしょうから、新しい記事が書かれたか毎回ブログをチェックしなければいけません。 お気に入りのブログがたくさんあると、チェックするのも大変です。

しかし、そのブログからRSSが配信されていれば、あなたは、毎回ブログをチェックすることなく、RSSリーダーを使って更新情報を取得することができます。 読者の方の利便性を高めることで、書いたブログを読んでもらえる機会が増えるかもしれませんので、ブログサイトを運営する際は、RSSフィードを配信しましょう。

また、Googleが新しいページを見つける際にRSSフィードを読み取るので、新しく書いた記事が、素早くインデックスされるかもしれません。SEOにも効果があるので、必ず作成しましょう。

RSS
RSS/Atomフィードの作成・配信方法
rss1.0 2.0 atom1.0の作成例と作成後の利用方法をご紹介致します

Google Search Consoleの登録

Google Search Consoleは、新しくサイトを立ち上げたら、必ず登録しましょう。 サイト構築に必要な様々な情報を提供してくれます。

例をあげます。

検索アナリティクス
あなたのサイトがどんなキーワードで検索された際に表示され、その表示回数や表示平均順位、クリック回数などがわかります。

サイトへのリンク
あなたのサイトへの被リンクの状況を確認することができます。

インデックスステータス
あなのサイトの何ページがインデックスされているか確認できます。

コンテンツ キーワード
あなたのサイトがGoogleにどのような内容のサイトと認識されているかが確認できます。

クロール エラー
あなたのサイトをクロールした際に見つけたエラーを教えてくれます。

サイトマップ
先ほど作成をおすすめした、sitemap.xmlやRSSをGoogleに送信することで、ページのインデックスを促すことができます。

他にも色々な機能があります。特にサイトマップの送信は、立ち上げたばかりのサイトはどこからもリンクを貼られておらずクローラーから見つけてもらうのに時間がかかるため、非常に重要です。

もちろん、ただ登録しただけ、データを眺めているだけでは何の意味もありません。 アドバイスされたことをしっかり修正に生かし、またデータを分析してSEOに強いサイトを作りましょう。

利用するには、Googleのアカウントが必要です。アカウント作成後、 Google Search Consoleのプロパティを追加から、 サイトの登録を行ってください。指定のファイルをサーバーにアップロードして確認ボタンを押せば利用開始です。

Google Analyticsの登録・設置

Google Analyticsとは、Googleが無料で提供しているアクセス解析ツールです。 もちろんアクセス解析ツールは他にもたくさんありますが、広告が入るものも多いですし、 Google Analyticsは高機能だと思いますので、Google Analyticsをおすすめします。

アクセス解析を行うためには、ソースにスクリプトコードを貼り付ける必要があります。 貼り付けたファイルをサーバーにアップロードして初めて解析が始まります。

サイトを立ち上げたばかりだと、アクセスなんてほとんどないので最初は見ても悲しいですが、 徐々にアクセスが増えていく状況なんかも見れて楽しいと思いますし、あとから全てのページにスクリプトを貼り付けるのも面倒なので、 初めから登録して、コードを貼り付けておくことをおすすめします。

こちらも利用するには、Googleのアカウントが必要です。 登録は、Google Analyticsからできます。

何もしないで使っていると、何度も自分のサイトをチェックしている自分の行動がカウントされてしまいますので、 登録、設置が完了したら、Google アナリティクス オプトアウト アドオンをインストールするなどして、 対策しましょう。方法はいくつかあり、それぞれメリットデメリットがあるので調べてみてください。

.htaccessの設置

.htaccessでは様々な制御を行うことができますが、最初にしておいた方が良い設定をご紹介します。

既にサイトを立ち上げている方は、ロートディレクトリの直下に、【index.html】というファイルがあると思います。 お使いのブラウザで【http://(あなたのドメイン)/】と検索しても、【http://(あなたのドメイン)/index.html】と検索しても、 【http://www.(あなたのドメイン)/】と検索しても、【http://www.(あなたのドメイン)/index.html】と検索しても。 どれも同じページが開かれると思います。

【index.html】というその場所に置かれたファイルは1つしかありませんが、これらのページは全て別々のページと見なされています。 そのため、同じ4つのページが全てインデックスされれば、重複したページがあるとみなされてしまいますし、 外部から被リンクをされても4つの違うアドレスに対してそれぞれリンクされてしまうととてももったいないです。

そのため、どれか1つに統一する必要があり、その制御を.htaccessで行います。

wwwを付けないURLに統一する場合

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.jun-jun\.net

RewriteRule ^(.*)$ http://jun-jun.net/$1 [R=301,L]


wwwを付けるURLに統一する場合

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^jun-jun\.net

RewriteRule ^(.*)$ http://www.jun-jun.net/$1 [R=301,L]


/index.htmlを、/に統一する

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html

RewriteRule ^(.*)index.html$ http://jun-jun.net/$1 [R=301,L]

※赤字で書いた部分はあなたのドメインに置き換えてください。

上に書いたコードを.htaccessに追加して、www付き、無しで。index.html付き、無しでURLを直接入力し、 URLが統一したものに変われば完了です。

robots.txtの設置

robots.txtでも色々な制御を行いますが、今回は、クローラーに先ほど作成をすすめたsitemap.xmlの存在を教えるためのコードを追加します。

User-agent: *

Sitemap: http://jun-jun.net/sitemap.xml

上記コードを書いたrobots.txtを作成し、あなたのサーバーのルートディレクトリの直下に置いてください。 赤字で書かれた部分は、お使いのドメイン、sitemapのファイル名に変更してください。

モバイル フレンドリー テスト

作成したWEBページがスマホ表示に適応しているか確認するためのテストです。 このテストに受かっているか受かっていないかで、スマホで検索した際の順位に変動が起こります。 PCで検索した際の表示順位に影響はありません。

このテスト結果による順位変動は、サイト全体ではなくページ単位に適応されます。 1ページモバイル フレンドリーテストに合格していなければ、その1ページのみ、スマホで検索した際の表示順位がうまく上がらないかもしれません。

ただ、記事を書いていく際は基本となるフォーマットがあると思いますので、基本となるフォーマットがこのテストに合格していないと、 これから書く記事全てが不合格となってしまい、後々大量の記事に対して修正を行う必要が出てくる可能性がありますので、 まだ記事の少ない最初のうちに、テストに合格できるフォーマットを作っておきましょう。

モバイルフレンドリーテスト画面を開き、 チェックしたいページのURLを入力して、分析ボタンを押すと結果がわかり、修正点などを教えてくれます。

ページ読み込み速度 テスト

細かい説明は今回は省略しますが、ページの読み込み速度は少なからずSEOに影響をもたらします。 また、表示速度が遅いと読者の方があなたのサイトから離脱してしまう可能性も高くなります。

PageSpeed Insights - Google Developersからお使いのドメインのURLを入力するとサイト全体をチェックしてくれます。 こちらも、サイトの作り方やファイルの扱い等に問題があると、後々膨大な修正が発生してしまいますので、最初のうちに問題解決し、読み込み速度の速いサイトの作り方を勉強しておきましょう。

SEO対策の勉強

具体的な言い方ができず申し訳ないのですが、titleの設定、hタグの使い方、サイトの構成、キーワードの選定等、 はじめのうちから勉強しておかないと、後々検索順位が上がらず、厳しい戦いを強いられると思いますし、修正も膨大になります。 また、変更を加えたとしても、変更した瞬間から結果が出るわけではないので検証するのも大変です。

SEO対策は常に意識して色々試し、勉強しながらやっていくしかありません。仕様も日々変わります。 それでも最初からある程度の知識を持ってサイトを作った方が後々の作業が断然楽になると思いますので、できる限り勉強しておきましょう。

今回は書くことが多く1つ1つを細かく説明できず申し訳ないです。 今後別記事で細かく書いていきたいと思います。

記事作成日:2016.10.20

Facebookへ Twitterへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加