サイトマップの作り方と利用方法

サイトマップ

記事関連ワード

サイトマップ sitemap.xml SEO クローラー 知らせる

サイトマップとは

サイトマップとは、サイトの全ページをリスト化した目次のようなものです。 私が作成しているサイトマップは2種類あります。

sitemap.xml
記事を書いてサーバーにアップロードしても直接記事のURLを入力するか、リンクをたどって来てもらわなければ、まだその記事は見ることができません。 検索エンジンのロボットが書いた記事を読み取り(クロール)、検索データベースに登録(インデックス)してもらって初めて検索結果に表示されます。

XMLサイトマップは、この『検索エンジンのクローラーのため』に作成します。 作成することによって、インデックスされるまでのスピードが早まる可能性があります。

また、立ち上げたばかりのサイトで、どこからもリンクされていないサイトや、サイト内にページが膨大にあり、クロールされずにインデックスされていないページがあるサイトの場合は、 XMLサイトマップを作成することにより、インデックスされなかったページがインデックスされる可能性があります。

sitemap.html
XMLサイトマップとは異なり、HTMLサイトマップはサイトを見てくれている『人のため』に作成します。 見ているサイトがどのようにカテゴリ分けされおり、どのような記事があるのか、わかりやすく一覧で表示します。 読者の方はHTMLサイトマップを見ることによって自分の見たいページを簡単に見つけることができます。

本ブログのHTMLサイトマップはこんな感じです。

サイトマップの作成方法

サイトマップは1から自分で作成しても良いですが、無料で作成してくれるサイトがたくさんあります。 無料でファイルを作ってから、そのファイルをベースに編集していくのが良いかもしれません。

私は、英語のサイトですが、XML-Sitemaps.comで作成しました。

『使い方』
①【Starting URL】にサイトのドメインのURLを入力する。
②【Change frequency】で更新頻度を選ぶ
③【Last modification】で最終更新日を入力
あとは、④【Start】ボタンを押すだけです。

特にこのサイトで作ったから良いものができるということもないので、自分の好みに合ったサイト、作り方で作って大丈夫だと思いますが、URLの入力ミスや、リンク切れには注意しましょう。

サイトマップの設置と利用法

作成したXMLサイトマップは、ルートディレクトリに置きましょう。 (当サイトで言うと、https://jun-jun.net/sitemap.xml となる場所)

サーバーへのアップロードが完了したら、次に【robots.txt】に下記のような文を追加しましょう。

User-agent: *

Sitemap: http://jun-jun.net/sitemap.xml

赤字で書いた部分は各々のドメインに書き換えてください。

また、【robots.txt】がまだない方は、【robots.txt】の名前は決して変えずにファイルを作成し、 上記文を記入して、ルートディレクトリに置きましょう。

この処理は、検索エンジンのクローラーにサイトマップの存在、場所を教えるためのものです。 必ずしも必要ではありませんが、作成しておきましょう。

そして、最後にGoogleサーチコンソールからXMLサイトマップを送信しましょう。

まだGoogleサーチコンソールに関しての記事は書けていないので、細かい説明は次回。とさせていただきますが、 既に登録済の方は、ログインし、画面左側の【クロール】→【サイトマップ】をクリックし、表示された画面右上の、 【サイトマップ追加/テスト】から、アップロードしたXMLサイトマップを送信しましょう。

Googleサーチコンソールの画面キャプチャは規約違反になる恐れがあるので、今回は画像無しですみません。

GoogleサーチコンソールからのXMLサイトマップの送信は1回だけの作業ではありません。 インデックスを早めたい際は、新しいページを追加するなどした際ごとに送信しましょう。

Google Search Consoleの利用には、 Googleのアカウントが必要ですので、お持ちでない方は先にアカウントを作ってから、上記サイトより登録を行ってください。

まとめ

サイトを立ち上げ初期、サイト内ページが膨大な際には、サイトマップはとても重要ですので、 是非作成、設置しましょう。

ただし、検索エンジンにインデックスされてもページのコンテンツの質が低ければ当然、検索結果に上位表示されませんので、その点は勘違いしないようにしましょう。 そして良質なコンテンツが作れるよう頑張りましょう。

記事作成日:2016.10.21

Facebookへ Twitterへ Feedlyへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加