RSS/Atomフィードの作成・配信方法

RSS/Atomフィード

記事関連ワード

RSS 1.0 2.0 Atom 作成

RSS/Atomフィードとは

ブログ記事等をよく見ている方は、『RSS』『XML』『Atom』『フィード』などの単語を一度は目にしたことがあるかと思います。 これらは読者の利便性を高めるためのもので、サイトの更新情報や記事の概要などをサイト運営者が発信します。

例えば、大好きな芸能人が10人いて、その10人のブログを読んでいたとします。 ブログが更新されるのは不定期なため、ブログが更新されたかどうか調べるために10コのサイトを全てを訪問しなければいけません。 読んでいるブログ数が少なければ良いですが、数が増えれば増える程更新の確認作業が大変になります。

そこで登場するのがRSSリーダーです。そのブログサイトがRSSフィードを配信していて、 あなたがRSSリーダーに読みたいブログサイトのRSSフィードを登録しておけば、RSSリーダーを開くだけで、どのブログが更新されたかを簡単に確認することができます。

このRSSをあなたのサイトにも是非、作成・設置して、読者の方の利便性を高め読んでもらえる機会を増やしましょう。

RSSの種類

それではさっそく、RSSのファイルを作成していきたいと思いますが、その前に。 RSSのファイルにはいくつか種類があります。

私が今回、サンプルファイルをご紹介するのが、 『RSS 1.0』『RSS 2.0』『Atom1.0』の3つです。

私は、この記事を書く前まで、RSS1.0の形式でファイルを作成し、配信していました。 この記事を書くために、RSS2.0とAtom1.0について色々調べて、どれが良いか考えましたが、 正直わからず、どの形式で配信してもあまり変わらないのではないか。 という結論に達しました。

ただし、次のことは知識として持っておいた方が良いと思います。

・RSS1.0の後継がRSS2.0というわけではない。それぞれ別の作成者である。

・そのため、書式は各々で異なる。

・以前はRSSリーダーが全ての規格に対応していなかったため、配信者が全ての形式で配信するのが親切であったが、最近のRSSリーダーは全ての形式に対応していることが多い。

とりあえず、どれか好きな形式で1つ作って、何か問題があったり、他の形式でないとできないことを表示したい。ということがあれば変更するか配信種類を増やすかすれば良いのではないでしょうか。

RSS1.0サンプル

RSS1.0.xmlサンプル

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<?xml-stylesheet href="css/rss.css" type="text/css"?>
<rdf:RDF xmlns="http://purl.org/rss/1.0/" xml:lang="ja"
xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
xmlns:sy="http://purl.org/rss/1.0/modules/syndication/"
xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"
xmlns:admin="http://webns.net/mvcb/"
xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#">
    <channel rdf:about="https://jun-jun.net">
        <title>サイトタイトル</title>
        <link>https://jun-jun.net/</link>
        <description>サイト説明</description>
        <dc:date>2016-09-12T14:46:30+09:00</dc:date>
        <items>
            <rdf:Seq>
                <rdf:li rdf:resource="ページURL3"/>
                <rdf:li rdf:resource="ページURL2"/>
                <rdf:li rdf:resource="ページURL1"/>
            </rdf:Seq>
        </items>
    </channel>

    <item rdf:about="ページURL3">
        <title>ページタイトル3</title>
        <link>ページURL3</link>
        <description><![CDATA[ページ説明3]]></description>
        <dc:date>2016-10-21T23:21:10+09:00</dc:date>
    </item>
    <item rdf:about="ページURL2">
        <title>ページタイトル2</title>
        <link>ページURL2</link>
        <description><![CDATA[ページ説明2]]></description>
        <dc:date>2016-10-20T23:21:10+09:00</dc:date>
    </item>
    <item rdf:about="ページURL1">
        <title>ページタイトル1</title>
        <link>ページURL1</link>
        <description><![CDATA[ページ説明1]]></description>
        <dc:date>2016-10-19T23:21:10+09:00</dc:date>
    </item>

</rdf:RDF>

※赤字部分は要変更

このまま利用しても良いですが、当ブログでは、ソース2行目に記述してあるように、xmlファイルにスタイルシートを使って装飾を施しています。

RSS1.0用のスタイルシートはこちら
当サイトのRSS1.0はこちら

RSS2.0サンプル

RSS2.0.xmlサンプル

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8'?>
<?xml-stylesheet href='css/rss2.css' type='text/css'?>
<rss version='2.0' xmlns:rss='http://purl.org/rss/1.0/' xmlns:dc='http://purl.org/dc/elements/1.1/' xmlns:content='http://purl.org/rss/1.0/modules/content/' xmlns:atom='http://www.w3.org/2005/Atom'>
    <channel>
        <title>サイトタイトル</title>
        <link>https://jun-jun.net/</link>
        lt;description>サイト説明</description>
        <pubDate>Mon, 12 Sep 2016 14:46:30 +0900</pubDate>
        <language>ja</language>
        <atom:link rel="self" href="https://jun-jun.net/rss20.xml" type="application/rss+xml" />

        <item>
            <title>ページタイトル3</title>
            <guid isPermaLink="true">ページURL3</guid>
            <link>ページURL3</link>
            <description>ページ説明3</description>
            <pubDate>Fri, 21 Oct 2016 23:21:10 +0900</pubDate>
        </item>
        <item>
            <title>ページタイトル2</title>
            <guid isPermaLink="true">ページURL2</guid>
            <link>ページURL2</link>
            <description>ページ説明2</description>
            <pubDate>Thu, 20 Oct 2016 22:38:30 +0900</pubDate>
        </item>
        <item>
            <title>ページタイトル1</title>
            <guid isPermaLink="true">ページURL1</guid>
            <link>ページURL1</link>
            <description>ページ説明1</description>
            <pubDate>Tue, 18 Oct 2016 21:34:10 +0900</pubDate>
        </item>
    </channel>
</rss>

※赤字部分は要変更

このまま利用しても良いですが、当ブログでは、ソース2行目に記述してあるように、xmlファイルにスタイルシートを使って装飾を施しています。

RSS2.0用のスタイルシートはこちら
当サイトのRSS2.0はこちら

Atom1.0サンプル

Atom1.0.xmlサンプル

<?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?>
<?xml-stylesheet href="css/atom.css" type="text/css"?>
<feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom" xml:lang="ja">

    <title>サイトタイトル</title>
    <id>https://jun-jun.net/</id>
    <link href="https://jun-jun.net/" />
    <subtitle type='text'>サイト説明</subtitle>
    <link rel="self" href="https://jun-jun.net/atom10.xml"/>
    <author><name></name></author>
    <updated>2016-09-12T14:46:30+09:00</updated>

    <entry>
        <title>ページタイトル3</title>
        <link href="ページURL3"/>
        <id>ページURL3</id>
        <summary>ページ説明3</summary>
        <updated>2016-10-21T23:21:10+09:00</updated>
    </entry>
    <entry>
        <title>ページタイトル2</title>
        <link href="ページURL2"/>
        <id>ページURL2</id>
        <summary>ページ説明2</summary>
        <updated>2016-10-20T22:38:30+09:00</updated>
    </entry>
    <entry>
        <title>ページタイトル1</title>
        <link href="ページURL1"/>
        <id>ページURL1</id>
        <summary>ページ説明1</summary>
        <updated>2016-10-18T21:34:10+09:00</updated>
    </entry>

</feed>

※赤字部分は要変更

このまま利用しても良いですが、当ブログでは、ソース2行目に記述してあるように、xmlファイルにスタイルシートを使って装飾を施しています。

Atom1.0用のスタイルシートはこちら
当サイトのAtom1.0はこちら

RSSの設置方法

・サーバーにアップロードする
サーバーの任意の場所に作成したXMLファイルをアップロードしましょう。

・各ソースのheadタグの設定
各ソースの【headタグ】に以下の行を追加しましょう

<link rel='alternate' href='https://jun-jun.net/rss10.xml' type='application/rss+xml' title='RSS1.0' />

※赤字部分は要変更

これで設定は完了です。配信が開始されます。

RSSに関してすること

上記までを間違いなく行えば、あなたのサイトはRSSを配信しているサイトになります。

ただ、このままではフィードを登録してくれる方にあまり親切ではないため、 RSSボタンを設置したり、人気のFeedlyボタンを設置したり、フィードの購読を促す仕組みを作りましょう。

また、RSSは記事の追加、更新をする度に書き換えてアップロードしなければいけません。 その際に、間違いがあってはいけないので、FEED Validator等のフィードのチェックサイトを使って、 配信前に間違いがないかよくチェックしましょう。

私は間違ったものをあげてしまい、キャッシュが消えないRSSリーダー等あって、見栄えが悪くなってしまい落ち込んだ経験があります。

最後に、RSSフィードもGoogleサーチコンソールから送信すると、サイトマップと同様、インデックスを早めることができます。 サイトマップの送信と手順は同じなので、細目に送信しましょう。

記事作成日:2016.10.25

Facebookへ Twitterへ Feedlyへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加