HTMLやCSSの構文をチェックしてくれるサービス

サイトチェック

記事関連ワード

HTML サイト 構文 文法 チェック CSS リンク

サイトのメンテナンスは細目に

ブログ記事を書いていて、ふと文法の間違いに気づきました。

プログラミングとは違い、HTMLなどは少し間違っていても上手く表示してくれるので、表示された画面をチェックしていても間違いに気づかない事があります。

文法の間違いをチェックしてくれるサービスはないかなと思い探してみると、色々あり、自分のサイトを確認してみると間違っている箇所が出るわ出るわ。

現在このブログの総ページ数は60ページちょっと。 お店のページやブログ、知り合いの会社のWEBページなど全部合わせると300ページ程あるのですが、全部チェックするはめになってしまいました。

文法が間違っているからという理由でSEO効果がガクンと下がるといったことは無さそうですが、ロボットにページ内容が上手く理解されないといった不具合がある可能性もあるようです。 そして何と言っても間違いに気づいているのにそのまま放置しているのは何だか気持ち悪いです。

ということでこの記事を書いている1月17日。月の半分が過ぎているというのに今月まだ4記事目という具合です。 凄く地道な修正作業であまりやる気も起きないのですがとにかく作業に追われています。

皆様はこのようなことのないよう、初めのうちから細目にチェックしてください。


HTMLの構文チェック

無料でチェックしてくれるサイトはたくさんあると思いますが、HTML5に対応しており、日本語に対応しているサイトが良かったため、

Another HTML Lintさんのサイトを使わせていただきました。

サイトのURLを入力するか、ファイルをアップロードしてチェックを行います。 驚くほど細かく指摘してくれるのでびっくりしました。解説がついていたり、重要度を数値で教えてくれたりと、とてもわかりやすいサイトだと思います。

また、hタグについて指摘されたりと、正しく修正すればSEOに効果があるのではないかという指摘もあります。

表示上なんの問題もない私のブログのトップページには47個のエラーが表示され、ページの評価得点はマイナス、『がんばりましょう』というなさけない結果でした。

特に有難いのは、タグの終わりが抜けていたり、全角スペースがあり上手く認識されていない箇所などがちょこちょことあり、表面上わからないところを指摘してもらえて助かりました。

一番修正が多かったのは、『brタグの連続』です。改行する際に『brタグ』を連続で書いていましたが、ダメなようです。 また、ソース中の『align』の利用でも結構な数の指摘を受け、CSSに書くよう修正しました。

今後は記事をアップする前にこのサイトを使って毎回チェックしたいと思います。

CSSチェック

htmlは上記サイトで確認できるとして、もう一つ恐いのが『CSS』です。こちらもエラーに気づくのが非常に難しい時があります。

こちらも、日本語に対応したCSSチェックサイトがありましたので、載せておきます。

CSS Validation Service

リンクチェック

上記CSSをチェックしてくれるサイトの作成者様と同じ方だと思いますが、リンクチェックを行ってくれるサイトもあります。

残念ながら日本語対応のページは見つける事が出来ませんでしたが、リンクは1文字違うだけでアウトですし、間違っているかどうかは見た目上はわからずクリックしてみなければ間違いがわかりません。

リンクは少なからずSEOに関係する可能性があるため、リンクの確認も行ってみましょう。

ただし、1ページチェックするのに結構な時間がかかるため、ページ数の多いサイトは大変かもしれません。

Link Checker

記事作成日:2017.01.19

Facebookへ Twitterへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加