WEBページ公開!FFFTPを使ってサーバーにファイルをアップロードする方法

アップロード

FTPソフトを使うのがおすすめ

FTPは、『File Transfer Protocol』の略で、クライアントとサーバー間でファイルを送受信する決まり事です。

WEBサイトを公開するためには、PC内にあるHTMLファイルや画像ファイルをWEBサーバーに転送しなければいけません。

レンタルサーバーには、『ファイルマネージャー』など、WEBサーバーにファイルを転送する仕組みが準備されているため、それらを利用すれば、サーバーにファイルをアップロードする事が可能です。

私もいくつかのレンタルサーバーを利用しましたが、レンタルサーバーのファイルマネージャー機能を使うよりも、FTPクライアントソフトを使った方が簡単にファイルをアップロードできる印象があります。

WordPressなどのCMSを使っていると、自分でアップロードする機会は少ないかもしれませんが、自分でファイルをアップロードしている方は、是非FTPクライアントソフトを利用してみて下さい。

FFFTPの利用方法

『無料』で利用できるFTPクライアントソフトはたくさんありますが、今回はド定番の『FFFTP』の使い方を解説したいと思います。

私も長年利用させていただいておりますが、現在もアップデートされ続けており、何の問題もなく利用できているためおすすめです。

01FFFTPのダウンロード

まずは、『FFFTP』をダウンロードしましょう。

窓の杜からダウンロードする事ができます。

FFFTPは『Windows』で動作するソフトです。

MACユーザーの方はゴメンなさい。

また、ダウンロードする際は、『32bit版』と『64bit版』があるため、間違えないよう気を付けて下さい。

お使いのPCがどちらかわからない方は、以下の手順で調べる事ができます。

スタートボタンクリック

スタートボタン

設定をクリック

設定

システムをクリック

システム

詳細情報をクリックし、システムの種類を見る

詳細設定

お使いのPCに合ったビット数のファイルをダウンロードしたら、インストールしましょう。

02新規ホストの作成

FFFTPを立ち上げてみましょう。

下図のような画面が表示されると思います。

FFFTP起動画面

『新規ホスト作成』ボタンをクリックしましょう。

そうすると下図のような設定画面が表示されます。

ここで、サーバーへの接続情報を設定する必要があります。

ホスト設定画面

設定項目は以下の内容です。

ホストの設定名:今回作成する接続先サーバーの名称を設定しましょう。自分のわかり易い名前を設定します。

ホスト名(アドレス):接続先サーバーのホスト名を入力します。

ユーザー名:お使いのサーバーの『FTPユーザー』のユーザー名を入力します。

パスワード:お使いのサーバーの『FTPユーザー』のパスワードを入力します。

ローカルの初期フォルダ:自身のPC内のアップロードファイルを保存しているフォルダを選択しておくと便利です。

ここで、パっと入力できない可能性があるのは、『ホスト名(アドレス)』『ユーザー名』『パスワード』の3つかと思います。

『ホスト名』であれば、

【スターサーバー】の場合、サーバー情報の中に記載されています。

スターサーバーホスト名

【mixhost】の場合、Cパネル右列の中に記載されています。

mixhostホスト名

他のレンタルサーバーは契約中のものがないため、画像はありません。

ホスト名は、『レンタルサーバーに書かれている情報』であるため、レンタルサーバーの管理画面にログインし探してみて下さい。

『ユーザー名』『パスワード』に関しては、お使いのレンタルサーバーに登録されているFTPユーザーのものを設定するため、こちらも、お使いのレンタルサーバーで調べてみて下さい。

入力を終えたら、『OK』ボタンを押下して設定を保存して下さい。

03ファイルアップロード

FFFTPを起動し、②で作成したホストを選択し、『接続』ボタンを押下しましょう。

下図のような画面が表示されるかと思います。

FFFTPファイルアップロード画面

『左側がローカルPC内のファイル』、『右側がサーバー上のファイル』です。

サーバーにファイルやフォルダをアップロードする際は、左側のファイルを右側へ、ドラッグ&ドロップする事でアップロードする事ができます。

逆にサーバー側のファイルをローカルPC内にダウンロードする際は、右側のファイルを左側へドラッグ&ドロップする事でダウンロードする事が可能です。

ファイルをアップロードする際は、『階層』をよく確認して間違いの無いよう注意して下さい。

『パーミッション』のお話

パーミッションとは、ファイルやディレクトリに対するアクセス権の事で、サーバーにアップロードされた1つ1つのディレクトリやファイルにはパーミッション(属性)が設定されています。

FFFTPにおいても、各ファイルやディレクトリを右クリックし、『属性変更』を選択すると、どのようなパーミッションが設定されているか見る事ができます。

パーミッション

まず、『オーナー』『グループ』『その他』という項目がありますが、これは、『所有権』の違いにより3つに分かれています。

所有権の違い

オーナー:ファイルやディレクトリの所有者

グループ:同じサーバーを利用できるユーザ全体

その他:第三者

『オーナー』はサイトを管理する自分であり、『その他』はサイトを訪れてくれた読者の方と思っていただければ基本的には問題無いかと思います。

次に、『呼出』『書込』『実行』という項目があるかと思います。

ファイル ディレクトリ
呼出 ファイル内容の表示 ディレクトリ内一覧表示
書込 ファイルの上書き・削除 ディレクトリ内に新規ファイル作成
実行 実行ファイルの実行 カレントディレクトリに

それぞれのファイルやディレクトリに対し、上記のような権限を各ユーザーに付与する事ができます。

例えば、

【一般的なHTMLファイルの場合】

一般的なHTMLファイルのパーミッション設定

上記のような設定になります。

HTMLファイルは実行ファイルではないため、全ユーザー『実行』の権限は必要ありません。

HTMLファイルの内容をブラウザで表示できる必要があるため、『呼出』の権限は全ユーザー必要になります。

HTMLファイルの編集や削除を自分以外に行われてはいけないため、『書込』は自分(オーナー)のみに付与します。

【掲示板ファイルの場合】

掲示板

掲示板など、第三者が書き込みできるページを作成する場合は、『書込』権限を第三者にも付与しなければならないため、上記のような設定となります。

【一般的なディレクトリの場合】

一般的なディレクトリのパーミッション設定

ディレクトリに関しては、フォルダの中身を表示するために、『実行』権限も必要になるため、上記のような設定をします。


一般的な『ただ表示するだけのWEBサイト』を作成する際は、注意は必要なものの、そのままFTPクライアントソフトを使用しても問題なく動作する場合が多いです。

しかし、『掲示板』などの書き込み可能なページを作る際や、何らかの実行ファイルを作成する際はパーミッションの設定は非常に重要になります。

また、セキュリティの上でも非常に重要な設定となるため、注意しましょう。

たとえば、『ワードプレス』や『EC-CUBE』などをサーバーにインストールする場合、自力でインストールするとこのパーミッションの関係でかなり苦戦してしまう場合もあります。

良くレンタルサーバーのサービスにある『簡単インストール』は、この複雑なパーミッションの設定も自動でやってくれるため、かなりおすすめです。

『商売』をする方や、『個人情報』や『機密情報』を扱うサイトを作成する際は、このパーミッションは非常に重要ですが、それ程セキュリティを気にしないサイトであっても、簡単な確認はやっておいた方が良いかと思います。

記事作成日:2021.06.24