ネットバンクのメリットとデメリット

ネット銀行

記事関連ワード

ネットバンク 銀行 メリット デメリット

ネット銀行とは

ネット銀行、ネットバンク、インターネットバンキングなどといった言葉を耳にした事のある方は多いと思います。 これらは、パソコンやスマートフォンなどインターネットを介し、取引ができるサービスのことを言います。

ネット銀行は今やほとんどの銀行で利用可能すが、都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行と言った実店舗を持つ銀行が運営するネット銀行と、実際の店舗はなくインターネットでの取引を専門とする銀行とが存在します。

『実店舗を持つ銀行のネット銀行』と『実店舗を持たないネット銀行』とでは共有するメリット、デメリットも多いですが、異なる部分もあるので違いがある事を意識しておいてください。

ネット銀行のメリット

コンビニで入出金
コンビニ
多くの銀行がコンビニATMに対応しているため、ネット銀行のメリットという事はできませんが、ネット銀行も全国のコンビニATMで入出金することが可能です。

自宅で照会
従来の銀行口座であれば、残高を知りたい場合や、入金、引き落としが行われたかの確認など通帳記入する必要がありますが、ネットバンクの場合は、自宅から残高や明細を確認する事ができるのでとても便利です。

自宅から振込
振込や振替等行う際もATMや窓口に行く必要がありましたが、ネットバンクの場合は自宅のPCやスマートフォンから振込を行うことができます。

自宅から定期申込
ネットバンクであれば、定期預金に関する手続きをネット上で行うことができ、わざわざ銀行の窓口へ行く必要がありません。

高金利
預金金利
銀行によって差がありますが、『実店舗を持たないネット銀行』は、ATM設置に関する費用や人件費、店舗をかまえる費用などを抑えることができるため、実店舗のある銀行に比べて金利が高い傾向にあります。

お得な手数料
上の高金利にあげた理由から、預入、引出し、振込などの各種手数料が安い傾向にあります。銀行によって金額が違うので詳細は確認していただく必要がありますが、少ない回数であれば手数料が無料の銀行まで存在します。

24時間営業
銀行の窓口は、09:00~15:00までの営業の店舗がほとんどだと思いますが、ネット銀行は24時間手続きを行う事が可能です。

宝くじの購入
宝くじ
BIGやtoto、ナンバーズといった宝くじをネットバンクを通じて買うサービスもあります。競馬などの公営競技の券を買う事も可能です。

ネット銀行のデメリット

ID・パスワード忘れ
インターネットを使って取引を行う際、本人を確認するためのIDやパスワードが必要になります。 このIDやパスワードを忘れてしまうと面倒な手続きを行わないと本人であっても取引を行う事が一時的にできなくなってしまいます。

利用停止
上にあげたパスワード等の入力を連続して間違えると、一時利用停止となってしまい取引ができなくなってしまいます。 本人以外に取引をされないようにするためのセキュリティとは言え、どうしても必要な時は大変な事になります。

システムメンテナンス
メリットの面で24時間営業と記載しましたが、メンテナンスのため取引できない時もあります。 メンテナンス情報は基本的に事前に連絡してくれるので、ネット銀行からのメールはしっかりとチェックしておきましょう。

引落し口座未対応
公共料金などの各種支払いの引き落とし口座にネットバンクは指定できない場合があります。クレジットカードの引き落とし口座も同様です。 事前に対応しているか確認しておきましょう。

セキュリティ
セキュリティ
インターネット上でお金の取引をするので、セキュリティが不安だと感じる方も多いと思います。職員になりすまして連絡したり、偽のサイトが作られるなど恐ろしい話を良く聞きます。 セキュリティソフトや、ID・パスワードは人に教えない、必ず正規のWEBページからログインする、取引を終えた後はログアウトするなど防衛対策が必要です。

実店舗がない
実店舗がないおかげで金利や手数料が優遇されているわけですが、実店舗がないという事は顔と顔を合わせて話すことができず、 電話やメール、チャットや郵便物でのやり取りになってしまいます。

もしもの時の保証

ネットバンクが破産した場合
銀行も安心できない時代。銀行が破産してお金が返って来ないという恐ろしい事態は避けたいですよね。

ネットバンクも国から認可を受けた銀行です。 預金保険制度のペイオフの対象となります。

そのため、預金額最高1,000万円までとその利息部分までは保証されます。

不正に出金された場合
もう一つ怖いのが不正利用です。こちらもH20年2月から全国銀行協会(全銀協)が対応を開始しているようです。

ただし、被害者の過失度合いに応じて保証額が変わるようで、様々な状況があるため、正確な線引きがあるわけではないようです。 この点が恐いですね。

ただし、一日の取引金額上限の設定や、取引ごとに通知メールを携帯電話などで受け取っていれば壊滅的なダメージは避けれれるかと思います。

記事作成日:2017.02.09

Facebookへ Twitterへ Feedlyへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加