GoogleAnalyticsを使って各ページごとのPVを調べる方法

PV数を調べる

記事関連ワード

ページごと PV GoogleAnalytics 方法

はじめに

自分でブログを書く前は、色々な方が書いたブログ記事を見てまわることなどほとんどなく、何か欲しい情報がある場合に検索してヒットしたページのみを見ていました。

このサイトを立ち上げてからは、ちょくちょく先輩方のブログから少しでも何か学ぼうと色々なブログを見ています。

訪問者の多いサイトさんの中には、記事のアイキャッチ画像の横にPV数を書いている方がいらっしゃいます。

アクセス数が少ない私のサイトでは、記事ごとのPV数なんてとても載せられませんが、自分の書いた記事のどんな記事にアクセスが多くて、どんな記事のアクセスが少ないのか。 記事の書き方の参考のためにも知っておく必要があるなと思い、GoogleAnalyticsを使って各ページごとのPV数を知るための方法を調べてみました。

各ページごとのPVレポート作成方法

【カスタム】タブをクリック

GoogleAnalytics

GoogleAnalyticsにログインし、上の【カスタム】タブをクリックします。

【+新しいカスタムレポート】をクリック

GoogleAnalytics

【+新しいカスタムレポート】をクリックします。

【タイトル】の設定

タイトルを設定します。このタイトルに設定した文言が、今回作成するレポートを見る際にクリックする文言になるので、『各ページごとのPV』など、 今回作成するレポートに合ったタイトルを設定しましょう。後から変更も可能です。

【指標グループ】の設定

GoogleAnalytics

【+指標を追加】ボタンをクリック → 【ユーザ】を選択 → 【ページビュー数】を選択

【ディメンションの詳細】の設定

GoogleAnalytics

【+ディメンションを追加】ボタンをクリック → 【行動】を選択 → 【ページ】を選択

【フィルタオプション】の設定

スパムなどのデータをカウントしたくない場合など、除外したいデータや一部条件のみのアクセスをカウントしたい方は、フィルタオプションを設定しましょう。

私は、【一致】【国】【完全一致】【Japan】の項目を追加しました。 海外からのカウントしたいアクセスがあるサイトの場合は、工夫してスパムを除外しましょう。


解析結果から

レポートを作成した日からカウントが開始されると思いきや、GoogleAnalyticsのコードをサイトに埋め込んだ日からのデータを見ることができました。 これはとても有難いです。

私のサイトの場合の解析結果の利用方法を書いてみたいと思います。

ブログ開設から一番PVを稼いでいた記事は、 アイコス・プルームテック比較 おすすめは?
という記事でした。(2017.09.26現在)

この記事は流行に合った記事で、私がアイコスを手に入れた時期が少し遅かったにもかかわらず、まだまだ需要はあったようで、 私の記事の中では多く見られた記事になりました。

ただし、一定の期間はアクセスを稼げるのですが、当然ブームが去るとアクセスは望めない記事です。 解析機関を最近に絞ると私の記事の中ではまだ上位ですが、既に1位ではなくなっています。

流行に合った記事を作りつづける事ができれば、アクセス数を稼げるという良い例になりました。

全期間で2番目にPVを稼いでいるのは、 スマホの画面が割れて操作不能になっても諦めない
という記事です。

この記事は、作成してからコンスタントにアクセスを集めています。(あくまでも私のブログの中で)

スマホ利用者で画面を割ってしまった人限定ですが、他の記事に比べると需要が多いのかもしれません。 やはり、検索数の多いワードの方がアクセスが多いという例だと思います。

もちろんそういったワードで上位表示させるのは難しいので何とも言えませんが、スマホに関する記事なんて格安SIMの話しか書いていない 私のサイトでも検索からの流入がありランディングページになっているので可能性はあるのかもしれません。

逆にPVの少ない記事は、数十件しかPVがありません。リライトはもちろん、他ページからリンクを貼るなど色々やってみて、 効果がなければ思い切って削除するというのも1つの手かもしれません。

最後に

初めて数か月の頃はまだまだPV数を見ても、記事事に大きな違いがなくあまり意味がありませんでした。

ブログ開設から1年が過ぎてようやく記事事の差が出てきました。 まだまだへっぽこサイトですが、十分に使う価値はあると思います。 これからも有効活用していきたいと思います。

記事作成日:2016.12.26
記事更新日:2017.09.26

Facebookへ Twitterへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加