IPO抽選に当選しやすいおすすめ証券会社比較

証券会社

記事関連ワード

IPO おすすめ 証券会社 抽選 当選

はじめに

以前の記事で、入金不要(0円)でIPO抽選に参加できる証券会社さんをご紹介しました。

IPO抽選

入金不要(0円)で人気のIPO抽選に申し込める証券会社

値上がり確率はかなり高いが、当選しにくいIPO。資金の多くない方は入金不要で抽選に参加できる証券会社がおすすめ

当選した場合のみ、入金し購入すれば良いので申込みへの敷居は低く、非常におすすめなのですが、それだけでは当選確率はかなり低いです。

資金力のある方は、多くの証券口座を開設し、それぞれの口座に資金を入金すれば良いのですが、私のように十分とは言えない資金でIPOにチャレンジする方は少しでもIPOの当選確率を上げるため、 効率的に申込みを行わなければなりません。

また、会社等で買われる方や豊富な資産がある方は、ネット証券以外にも証券会社店頭の担当者とのやり取りがあり、裁量配分でIPOを購入できる可能性もありますが、そうでない方も多いです。

なので、資金の少ない方は1社2社しか申込みできませんが、そもそもの当選本数が非常に少ない証券会社で申し込んでもほぼ当選する事はないため少しでも確率の高い証券会社から抽選申込みをする事をおすすめします。

低資金でIPO抽選に受かるコツ

抽選配分の多い証券会社を選ぶ
店頭の担当者とのつながりがなければ、裁量配分による分配は基本的に受ける事ができません。

そのため、IPOを購入するためには、『抽選』に参加し、『当選』する必要があります。

もちろん証券会社に振り分けられる口数によって結果は異なりますが、【裁量配分90%・抽選配分10%】という証券会社よりも【抽選配分100%】という証券会社さんの方が当選確率は上がります。

主幹事の証券会社を狙う
前回の記事でも書きましたが、主幹事の方が当選口数が多いのでそれだけ当選確率が上がります。先ほど書いた抽選配分と裁量配分の比率も影響するので少しでも抽選配分への振り分けが多い証券会社から申し込みましょう。

平等抽選を狙う
証券会社によって抽選方式に違いがあります。

平等抽選であれば、一人1票の申し込みなので、他の申し込み者と優劣なく抽選を受ける事ができます。

平等抽選以外の抽選として、資金力のある人ほど何口も申し込む事ができ、当選確率が上がる証券会社もあります。

例えば、1口(100株)50万円のIPO株の場合、50万円しか持っていない人は1口しか申込む事ができませんが、250万円持っている人は5口申し込む事ができるので、当選確率が5倍になり、 資金力のある方が有利になってしまいます。

その他にもステージ制を採用し、日頃の取引量の多い方ほど当選確率が上がる仕組みを作っている証券会社さんもあります。

人気のIPOですので、買い手はいくらでもいるのでIPO株しか買わないような人は不利になる仕組みがあるのは仕方がないですね。 証券会社さんも商売ですから。私は負けずに申込みたいと思います!

IPO証券会社比較

証券会社 IPO抽選方式 抽選時資金 IPO件数
(2017年)
SBI証券 抽選配分45%
(内70% 抽選(1口1票)
内30% チャレンジP)
必要 86件
野村證券 平等抽選 10%
(1人1票)
不要 40件
SMBC日興証券 平等抽選 10%
(1人1票)
必要 74件
大和証券 平等抽選 15%
(1人1票)
チャンス抽選 5%
必要 43件
みずほ証券 平等抽選 10%
(1人1票)
必要 63件
マネックス証券 平等抽選 100%
(1人1票)
必要 49件
岡三オンライン証券 平等抽選 100%
(1人1票)
不要 23件
カブドットコム証券 平等抽選 100%
(1人1票)
※稀に100%でない時有
必要 27件
松井証券 平等抽選 70%
(1人1票)
必要 14件
楽天証券 抽選 100%
(1口1票)
ステージ制有
必要 7件
GMOクリック証券 平等抽選 100%
(1人1票)
必要 0件
ライブスター証券 平等抽選 100%
(1人1票)
不要 7件
立花証券 平等抽選 30%
(1人1票)
必要 0件
いちよし証券 平等抽選 10%
(1人1票)
※ステージ制有
不要 37件
エイチエス証券 平等抽選 10~30%
(1人1票)
※ポイント制度有
不要 10件
むさし証券 平等抽選 10%
(1人1票)
必要 7件
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 平等抽選 10%
(1人1票)
必要 31件
岩井コスモ証券 平等抽選 10%
(1人1票)
必要 39件
丸三証券 平等抽選 10%
(1人1票)
※ステージ制有
必要 10件

抽選への配分や平等抽選なのかそうでないかを把握できれば、各証券会社へ割り振られた株数から抽選で何口当選するかが計算できるかと思います。

もちろん、口座開設者が多い証券会社さんでは申し込むライバルの方も多くなってくると思います。

確率論であって、確率の低い証券会社さんで当選する可能性もありますが、毎月何度も抽選に参加するのであれば確率の高い方を追ってみるのが良いかと思います。

最後に

複数の証券会社を使うというのは非常に面倒で、資金を移動させなければならない場合は手数料も発生するかもしれません。

各証券口座に資金が入れられれば良いのですが、私はそうもいかないので効率よく抽選に参加していきたいと思います。

また、口座を開設する際は数週間かかる事もあるので、口座開設は無料ですし、早めに前もって開設しておくのが良いかもしれません。

記事作成日:2018.08.03

Facebookへ Twitterへ RSSへ このエントリーをはてなブックマークに追加